• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

かかりつけ薬剤師の養成に苦慮…2018年の改定でかかりつけがどうなるのか心配です。

かかりつけ薬剤師の基準が、2018年の診療報酬改定でどうなるのか注目されるところです。
2016年より導入され、2016年は1年間の猶予期間が設けてありました。1年間の間にかかりつけ薬剤師の基準を満たせるようになっていればいいですよ、と。
しかし、今回はそうはならないでしょう。2016年よりも更に基準をあげてくるに違いありません。薬局に勤務する薬剤師の比率で、かかりつけ薬剤師の基準が設けられるかもしれません。
近隣の薬局は、それを見越して勤務薬剤師全員に認定研修を受けさせてかかりつけ薬剤師にしたと話していました。
当薬局は認定研修を受けさせるという事が上手く進んでおらず、薬剤師5人に対し1人しか認定研修修了者がいません。
比率がどうなるのか、かかりつけ薬剤師がどうなるのか、心配です。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. taigo_62 2018/01/23 11:03

    2016年からのこの2年間に薬局がどれだけ努力したのか、それが問われる改定になることでしょう。
    国の方向性は前回の改定である程度示されたわけですから、今回はそれをより強固なものにするはずです。
    だとすれば、在宅の強化、かかりつけ薬剤師の強化、後発医薬品調剤の強化となると考えられます。
    これらがクリアできれば順調に点数を確保することができますし、クリアできなければ大きな減点となり薬局経営は厳しいことになるでしょう。
    大きな分かれ目となりそうです。

  2. kaneatu_1 2018/01/23 23:58

    かかりつけ薬剤師が、当薬局には1人しかいません。6人いる薬剤師のうち1人だけです。他の5人は認定研修受講を拒否しているのです。薬局として皆に受講して欲しいと半ば強制で提案しましたが、拒否されてしまいました。

    経営側にも問題はあると思いますが、薬剤師の認識の甘さに腹も立ちます。薬局の経営が上手くいかなければ、薬剤師を雇う事は出来ず、給料アップもできません。

    それをどのように考えているのでしょうか。他人事のように思っている薬剤師に不満を感じます。

  3. katuzi_tomakomai 2018/01/24 11:21

    今や認定研修を受講していることは当たり前となっています。それをしないというのは、あまりにも考えが甘いとしか言いようがありません。
    他の薬局に転職するにせよ、認定研修を修了しているか否かという点が採用の大きな分かれ目、又は給料の大きな分かれ目となるはずです。

    時代の流れをもっと読むべきで、認定研修を受講しないという事は薬剤師として今後を仕事しないということと同じだと考えます。
    もっと周りの薬局を見るべきではないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ