• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅を少人数で。。対応に苦労しています

在宅を少ない人数で何とかやっています。薬局の薬剤師です。
小規模の薬局が在宅医療を行おうとすると、まず薬剤師確保が問題になります。薬局業務をこなしながら、その合間を縫って在宅をすることになります。
薬剤師は数人勤務していますが、時間によっては1人勤務の時間帯もあります。ですから、その時間帯に在宅依頼が入ってもそれは到底無理と言わざるを得ません。薬局終了後に在宅訪問したり、もう一人の薬剤師が出勤してから在宅訪問をするということになります。しかし、在宅には臨時処方がつきものですから、その辺の対応に苦労しています。
在宅の対応についてお聞かせください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. naohiko_92531 2017/07/15 16:44

    小さな薬局は在宅を行っていない、できないところが多くあります。診療報酬を考え、今後の方向性を考えれば在宅を行うことがいいのはわかっていても、現状では無理というところが多くあるのです。
    まず人員の確保です。在宅に行くので薬局を閉めますという事は出来ませんし、在宅をしたからものすごく高い点数が入るわけではありません。時間と手間に見合った点数とはなかなか言えないのです。
    そうであれば、在宅をせずに薬局内部の仕事に徹し、忙しく処方箋を処理していた方が、ずっといいと感じます。

  2. takeaki_9 2017/07/15 23:50

    在宅をやらないと割り切っている薬局はそれでいいと思います。また、在宅を全面的にアピールして、そのために薬剤師を確保し体制を整えている薬局もいいと思います。
    問題なのはその中間でやらざるを得ない状況の薬局です。当薬局もそうなのですが、限られた薬剤師の人数の中で無理矢理在宅をしています。お昼休みや暇な時間を見計らって訪問をし、報告書を書き上げています。
    在宅患者一人にかかる時間と手間と点数を考えればしない方がいいとも思います。しかし、患者さんから要請がある以上、また今後の薬局経営に反映させていくためには在宅をしないわけにはいかないという事なのです。

  3. manatu-t 2017/07/16 22:39

    暇な時期や暇な曜日の在宅であれば何とかなります。しかし、長期休暇前や真冬の薬局繁忙期に限って在宅依頼が増えたり、在宅の臨時処方が増えたりするのです。そのため、薬局内が手薄になってしまうことも多々あります。
    そこの駆け引きが難しく、今後検討していかなければなりません。

  4. yosiya_makinohara 2017/07/18 10:11

    在宅は他の薬局とチームを組んでもいいということになっています。
    実際、当薬局も他の薬局から在宅を一緒にやりませんか、という依頼を受けたことがあります。今のところ、当薬局は内部で回せるのでお断りをしました。どうしても自分のところだけでは無理というのであれば、他の薬局との連携も考えることはできます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ