• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

1日100枚を3人で処理、体力が続くか不安

40代薬剤師です。週5日調剤薬局で勤務しており、1日100枚前後の処方箋を3人の薬剤師で処理しています。皆、一生懸命に仕事をしているのですが、毎日が忙しく休む暇もありません。最近は高齢の患者さんが更に高齢になられたこともあり、投薬にも時間がかかるようになりました。同じことを2度.3度説明しなければ理解できない、紙に書かないと忘れてしまう、などという事態になっており、忙しさに拍車をかけています。
調剤薬局の仕事は、こんなにも忙しいものかと自分の体力が続くのか不安になります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. einosin 2017/09/08 16:04

    1人30枚は処理するわけですから、100枚の処方箋を3人で処理するのは結構大変だと思います。診療科にもよりますが、内科や小児科、処方内容が2枚.3枚にも渡る大学病院の処方箋であれば、かなり手間もかかりますし神経も使います。
    高齢者が多いのであれば、おそらく複雑で、かつ処方内容が多い処方箋が多数を占めるでしょうから30枚の処方箋はきついはずです。

  2. takamasas 2017/09/09 6:27

    当薬局も100枚を常時3人で回していますが、午前と午後の交替制です。
    シフトの関係上、丸一日勤務の時は、昼の休憩は約2時間です。
    その間にゆっくり外で買い物をしてきたり、お昼を食べてきたりと気分転換をしています。

    薬局裏の休憩室で仮眠をとっている時もあります。
    午前の疲れを引きずることなく、午後の勤務ができるよう工夫をしています。

  3. motoki7 2017/09/10 2:30

    土曜日は午前中だけで軽く100枚は超えてしまいます。9時30分から13時くらいまではとにかく患者さんが押し寄せてきます。次から次へと患者さんが来局され、待合室の長椅子は満席、座れずに立って待っているひとも多数いる状態です。
    終わりがないことはない、と思いながら必死で投薬しますが、疲れはひどく翌日日曜日はぐったりです。
    体力の限界を感じます。

  4. arisia-77 2017/09/10 3:31

    調剤薬局の経営において、1日100枚が大体の目安となるようです。100枚を超えてくると、薬局としての経営はまあまあ良いという状態であると言われています。

    忙しさや在庫数なども100枚くらいが一番厳しい状態かもしれません。これが120枚、150枚、200枚の処方箋となってくれば、薬剤師を増やす、薬剤師それぞれの勤務体制の見直しにつながると思います。

  5. mituharus 2017/09/12 6:09

    投薬も大変ですが、その後の薬歴記載も大変です。当薬と同時、または投薬後にすぐ記載できるよう工夫と訓練を重ねています。
    とにかくどのような工夫をすれは楽になるのか、日々考えながら仕事をしています。自分が楽に仕事ができるよう、工夫と訓練は絶対に欠かすことはできません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ