• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

50代薬剤師です。在宅患者が服用拒否した時の対応について

50代のパート薬剤師です。
月1回在宅を受けている患者さんについてです。
この患者さんは骨折を2度も繰り返しており、在宅医療を受けることになりました。現在は骨折も完治し歩ける状態ですが、外出することはほとんどなく家の中でもお手洗いと食事など必要最低限のこと以外は、ずっと横になっている状態です。本人の生活に対する意欲の欠如とでもいうのでしょうか、自分から何かをしたいとか、やろうという意欲が全くなくなってしまいました。
先日、この患者さんのご家族から相談があり、本人が薬を服用したくないと言っている、出来るだけ薬を減らしたいとのことでした。最初は便秘薬くらいについての言及だったのですが、次第に胃薬や痛み止めなどにも話が及んできたので、医師に相談するよう促しました。
結果、薬が大幅に変更になり薬の種類も減りました。患者さんが嫌がらずに服用するようになったとご家族からご報告がありました。
服用を拒否される患者さんの対応をされたことありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yukimasa_kamimine 2017/07/09 14:41

    私も先日同じような状態を経験しました。
    こちらは在宅の患者さんではないのですがご家族から相談があり、服用する薬が多く本人が服用を拒んでいる、何とかして欲しいという依頼でした。医師に相談するよう持ち掛け、結果必要最低限の薬だけに変更になりました。
    と、ここまではいいのですが、その後の処理が大変でした。
    一包化した薬の中から2種類の薬を抜く作業です。しかも日数が50日分で、150包分の中から抜く作業です。
    処方が変更になったため、抜いた薬代は返金です。返金になること自体おかしい、逆に手数料が欲しいと思わずにはいられませんでした。

  2. mie_25492 2017/07/09 21:43

    糖尿病の患者さんでしばらく来局されていない方がいました。インシュリン注までは処方されていなかったのですが、糖尿病薬を5種類くらい服用していたと思います。
    姿を見ないのでどうしたかと思いながら、他の薬局に行っているのかなどと思い3年が経過していました。
    先日、その方がご家族と来局され、久しぶりにお顔を拝見しこちらも嬉しく思っていました。
    ところが、今まで来局されなかった約3年間、全く薬を服用していなかったとのこと、服用する気になれなかったというのです。
    結果、体重が15kg以上落ちてしまい、心配したご家族がクリニックへ連れて行ったそうです。最近は薬局に通っていますが、いつ来局が途切れるかわかりません。
    薬局としても、本人の意欲につながるよう工夫をしていきたいと感じました。

  3. mutuko_35527 2017/07/10 5:07

    高齢者の患者さんで服用を嫌がる方が、最近増えています。
    生きるために服用をしなければ、と思ってクリニックと薬局に来られる方はまだ安心です。
    しかし、服用を嫌がり徐々にクリニックや薬局から遠ざかってしまうと、もう追うことができません。そうなる前に、何とか声掛けや意欲増につながる投薬をしたいと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ