• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

エアコンを付けたがらない薬剤師の先輩。

湿度も温度も過ごしづらい毎日が続いていますよね。自分の薬局の先輩薬剤師なのですが、エアコンが嫌いなのかどんなに暑くても窓を開けて点けようとしません。私たちも暑いのを我慢していますが、さすがに患者さんのいる待合室はエアコンをつけさせて貰っていますが、調剤室も正直点けてほしいです。温度管理が必要な薬剤もありますし・・・。先輩でも、そこは指摘してもいいですよね?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. tomizi-7796 2016/07/18 4:46

    季節によって、やはり冷暖房は必要だと思います。もちろん、外気温とあまりにかけ離れた温度設定はいけませんが、かと言って暑くても冷房を点けないのは患者さんに良くないと思います。もちろん風邪をひいて寒く感じる人はいるかもしれませんが、その方にはブランケットなどを提供して対応すればいいと思いますよ。

    あとは、薬剤師が体調を崩しては話にならないということです。患者さんは具合が悪くて来ています。そこで薬剤師まで具合が悪かったらどうしますか?そう考えたら、少し我慢して貰わないといけないと思うのですが・・・。

    ひざ掛けやカーディガンなどで対応出来ると思いますので、先輩にちゃんと伝えましょう。

  2. katunori-sipgy 2016/07/19 1:00

    薬剤に負担がかかるのは絶対にNGです。患者さんが使うんですよ?そう考えたら、自分たち薬剤師は厚着をするなどして対応すれば良いんです!薬剤師が汗だくで調剤室から出てきたらどう思います?手汗とか体臭とか、気にする人は気にします。先輩はそれでいいかもしれませんが、やはり暑がりの人もいるのでそこはお互い気を遣わないと。キンキンに冷やさなくても、除湿とかにすれば薬剤にも影響は出ないでしょうし、何より働く環境が少しでも良くなれば作業効率も上がると思います。先輩には申し訳ないかもしれませんが、そこははっきりと言っていいと思います。

  3. eisin58 2016/07/19 5:14

    患者さんがいる待合室が涼しくて調剤室が暑いと、それだけで薬剤師が体調を崩します。そしたら結局、働く環境としてはよくない状況で仕事をしなければいけなくなりますよね?医療人なのだから、自身の体調管理も大切だと思います。なにより、薬剤師なんだから、薬の管理はしっかりしなければいけません。常温保管が可能でも、常温とは30℃までですからね。「薬剤の為にも点けてください!」と言えば先輩も断れないんじゃないですか?風量や風向きだって変えられるので、先輩に直接当たらないようにするか、当たらない場所に移動して対応して貰いましょう。自然の風で対応できるときは良いですが、やはり薬剤には湿気を嫌うものもあります。そこも考慮して、調剤室の環境が少しでも良くなると良いですね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ