• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

うつ病患者さんへの接し方

精神科クリニックの門前薬局に配置換えで勤務することになりました。以前は糖尿病専門クリニックの門前薬局に勤めていたのであまりこの領域にくわしくありません。
患者さんは皆さん通院歴が長い方が多いです。

処方薬はちょこちょこと変更されることが多く、どういった症状の変化があったのか等聞きたくなるのですが、どこまできいていいかわかりません。

以前の薬局では検査の数値や調子の良し悪しや副作用の発現の確認などが聞きやすかったのですが、今の薬局では患者さんの性質上どこまできいていいのか悩みます。

みなさんコンプライアンスはいいようで、投薬していると会話も自然に成立するし、症状などもふつうにきいていいような気もします。

でも、先輩に聞くと突然興奮したり、わけがわからなくなってパニックを起こす患者さんもたまにいるとのことで慎重になって、薬の説明や飲み残しの確認だけになってしまったりしています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. umekiti 2016/09/29 20:12

    長期で通院している患者さんに関しては無理に症状を毎回確認する必要は無いんじゃないでしょうか。
    糖尿病や血圧のように数値で明確に症状がわかって、こうしてください、ああしてくださいとなる領域ではないと思うからです。
    長期に通院されている方が多いならなおさら、時間をかけて信頼関係を築いていくことが重要だと思います。
    いきなりきた薬剤師に症状を根ほりはほり聞かれたら不快に思われる患者さんは少なくないと思います。抗うつ薬等、精神系の薬は勝手に服用をやめたり、量を変更すると離脱症状(めまい、睡眠障害、不安、興奮、錯乱、吐き気など)を引き起こす心配があるので、コンプライアンが守られているかをしっかり確認するだけでも意義はあります。

  2. susumu-ita 2016/09/30 1:20

    精神疾患で通院している患者さんは自分の症状をhなしたがらないタイプと聞かなくても勝手にしゃべってくるタイプのどちらかが多いように感じます。
    基本的に真面目な方が多くコンプライアンスは非常によく、むしろ飲み方や薬の管理の仕方、調剤の包装や記載などにも強いこだわりを持った方が多いように思います。
    服薬指導の時のこうしてくださいやこれはしないでください等が非常にプレッシャーになることもあるので、先輩の薬剤師にその都度対応を確認してもいいと思います。
    どうしても確認したいことがあるなら患者さんじゃなくて医師に確認するのも一つの方法です。
    患者さんと医師の信頼関係を崩さないように心掛けるのが重要じゃないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ