• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

投薬技術向上を目指していますが、患者さんとコミュニケーションがとれません。

投薬技術を上げたいと思っていますが、知識の向上はできても患者さんと話をすることができずに困っています。
患者さんから上手く話を引き出すことができないのです。今の投薬は、私が薬についての知識を説明し、それをただ患者さんが聞いているという感じです。もっと患者さんとコミュニケーションをとり、患者さんから話をしてくれるような投薬をしたいと思っています。
先日、他の薬剤師の投薬を聞いていたら、私が投薬する時とは全く違う患者さんの様子に驚きました。いつも話をせずにすぐに帰りたがる患者さんが、自分の事を面白そうに話をしているのです。その薬剤師は最後まで患者さんの話を聞きいくつかアドバイスをしていましたが、私もそのような投薬がしたいと思います。
どうしたら患者さんから話をしてくれるような投薬ができるのでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. yumi_ide 2016/12/11 18:34

    患者さんが話をしたいと思うような場を作らなければなりませんよね。薬剤師に聞いて欲しい、相談したいと思わなければ、患者さんも話す気にはなれません。
    いつも同じお薬を服用している患者さんに、いつも同じ副作用の説明や食品との相互作用を説明しても、患者さんはまたこの説明か。と思うでしょう。同じ説明でも見方を変えた説明の仕方をしたり、患者さんが今何に悩んでいるのか、併用薬や体調の変化をお薬手帳や処方薬から察することが大切です。
    それはただマニュアル通りに知識を披露するのではなく、患者さん一人一人に寄り添うような思いで、誠意を持って対応しなければならないと思います。ただ、根ほり葉ほり聞くのはいけません。
    多くの患者さんに接することで、徐々に投薬時のコミュニケーションが取れるようになってくると思いますよ。頑張ってください。

  2. yosiziro_kyto 2016/12/11 22:57

    患者さんに誠意が伝わるようにするということが大切です。これがないと、あの薬剤師は医者と同じことを聞いてくる、何なんだ!!と言われてしまいます。また、こちらが服薬指導をしようとすると、いつもと同じだからさっさと袋に入れてお会計してちょうだい、と言われてしまいます。

    薬剤服用歴管理指導料の算定項目を満たそうと努力しても、患者さんに迷惑がられたら意味はありませんし、大切なことを患者さんから聞き出すことができません。
    多くの患者さんの投薬をしていると、どうしても大勢の中の一人という扱いをしてしまう時があります。

    まずは患者さんと真剣に向き合うこと、一人一人の患者さんを大切にすることだと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ