• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

薬局内の情報共有が上手くいかないことは?

個人経営の小さな薬局で働いている薬剤師です。当薬局は薬剤師数が4人と少人数で運営しています。
薬局内での情報共有は口頭が多く、それが無理な場合は薬歴簿を通してになります。
ところが、口頭でも薬歴簿でも情報が行き渡らないということもあり、後になって初めてわかる、もっと早く知りたかったということも出てきています。
先日、薬の数え間違いによる調剤ミスが発覚し患者さんに謝りに行くという事態が起きましたが、調剤した当の本人には知らされていなかったということがありました。数日間のお休みを取っていたこともあり、情報が行き渡らなかったのです。次に患者さんにお会いした時にも調剤した本人はそのことを知らなかったため、謝罪することもできず後で患者さんから言われて初めてわかったということでした。
このように薬局内の情報共有が上手くいかないこと、皆さんの薬局ではありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. rissin-728 2017/02/04 10:30

    調剤ミスの連絡が伝わらないというのは問題ですね。ミスは絶対にあってはならないことですが、ミスがあった時は早急に対処が必要で、患者さんの健康の心配と謝罪が必要です。薬局内での情報共有は絶対で、薬局全体で患者さんのフォローをしなくてはなりません。それと同時にミスがないよう、再度気を引き締めて業務に当たることが大切です。患者さんへの信頼回復とミスがないよう業務内容を見直すこともあるでしょう。
    当薬局では、1日の終わりにその日の伝達事項をパソコンに入力しています。それを毎日個人個人で見て確認するようにしています。1週間休みが続いた人は、休み中の1週間分の伝達事項を見ることになります。

  2. kano_78 2017/02/05 1:52

    薬剤師の勤務はパートが多いため、全員で情報を共有するには工夫が必要になります。口頭では全ての情報が正しく伝わるとは限りません。やはり文書が正確かと思われます。
    薬歴簿に記載すると言っても、その薬歴簿を見なければ意味がありません。投薬をしない限り薬歴簿の内容を見ることはありませんから、それでは意味がないですよね。
    当薬局では、毎日ではなく全員に伝えたい内容があった時に、文書で残すようにしています。パソコンに入力することも手間になるのでそれ専用のノートに記載しています。全員がそれに目を通すようにしていれば、情報が伝わらないということは防げます。

  3. ietika 2017/02/05 4:53

    薬剤師の人数が多いと情報伝達の方法を考えますが、人数が少ないとわざわざ方法を考えるということはしません。
    皆が一番見るところに、紙に書いて貼っているだけです。薬棚の位置が変わった、新しい薬が入荷した、ということなども紙に書いて貼っています。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ