• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

たんす薬剤師と呼ばれる人たちにも働いて貰いたいです。

今でこそ結婚する前からバリバリ働いている女性薬剤師はいっぱいいますよね?
一昔前まで、嫁入り道具のひとつとして薬剤師の免許を持つことが有意義とされていた時があったと思います。
俗にいう「たんす薬剤師」という方々が多く見受けられる今、特に地方の田舎では薬剤師不足の解消になるのでは?と言われるほどだそうです。

僕の薬局も田舎なので知り合いのツテを使い薬剤師免許を持っている人に声を掛けているのですが、薬剤師の免許を持っていても実際に働いたことが無い人も何人かいて驚きました。
せっかく資格を持っているのに、結婚出産が早く働く機会が無かった女性に話を持ち掛けた時、「今更薬剤師として働いても戦力にならない」と言われて断られることがありました。

年齢的に50代だとまだまだ現役で働ける年齢だとは思うのですが、やはり現場で働いたことがないことがかなりのネックになっているみたいです。
そう言った方々を何とかして現場に補充して地域の薬剤師不足解消に繋げたいのですが、なかなかうまくいきません。

やはり40~50代で現場を踏むというのは厳しいものでしょうか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. mito_91884 2017/03/08 14:13

    現場を踏むのは、確かに卒業したばかりとブランクがある人だと知識の引き出し量は異なるかもしれません。
    ただ、薬剤師として知識を持っていても活用の仕方を学ぶのは現場なのでそこまで差は出ないと思いますよ。
    大切なのは現場でいかに吸収できるかですから。知識があっても活かせなければ勿体ないですし、知識が無くても日々の業務で学んでいけば引けを取らないくらいの戦力になれると思います。
    戦力にならないと自分で決めつけるのではなく、どこまで自分で出来るのか実際に現場に入って確かめてみるのもいい経験になると思います。
    まずは調剤業務や基本的なことから始めて貰えば、戦力になるならないの話にはならないはずです。

  2. masamiti-y 2017/03/09 1:39

    せっかく免許を持っていても、宝の持ち腐れをしている潜在的な薬剤師がたくさんいるのは仕方ないと思います。

    ちょうどその世代は「夫は仕事、妻は育児」という傾向が強かった時代ですし、もし働こうと思っても旦那の仕事が忙しくて育児で手いっぱいの人が多かったですから。

    今でこそ子供たちの育児がひと段落して自分の時間を持てるようになった人たちがちょうどその世代に当たるので、たんすに閉まっておくのはもったいないと僕は思います。
    働きたい意欲があるのであれば、いきなり服薬指導とかせずに今の薬剤師がどのような仕事をしているのか実際に見て貰うのが一番いいと思います。

  3. iona-17 2017/03/09 5:26

    入社して半年は有休が取れないのは仕方ないとして、4年目なのにシフトの融通が利かないのはおかしいと思います。
    実際、病院薬剤師はシフト体制だったとしても有休などの融通は利くはずです。人員が不足していたとしても、そこは働いている薬剤師が希望する日に休みを取得できるように調整するのが普通です。
    それが出来ないのはハッキリ言っておかしいですよ。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ