• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

50代薬剤師です。配置基準に無理があると思いませんか

調剤薬局に勤めて20年以上が経ちました。現在の調剤薬局に勤めて20年以上、調剤薬局は今のところしか経験がないのです。それまではOTCで働いていたので今の薬局に育ててもらい一人前の薬剤師として、調剤の薬剤師として成長させてもらいました。
調剤薬局には薬局薬剤師の配置基準である1人処方箋取り扱い枚数上限40枚となっています。
この40枚ですが、これをこなすのは正直かなりしんどいです。湿布薬だけの処方箋40枚であれば楽ですが、そのような事は絶対にないわけです。処方箋が2枚、3枚にも渡る処方箋もあれば、一包化や粉砕、長期処方の処方箋もあります。それらすべてをひっくるめて40枚というのは少し無理があると思います。
40枚以下の枚数だから1人薬剤師で十分と思われると、非常に腹がたちます。ましてや仕事ができない薬剤師みたいなことを言われると悲しくなります。この配置基準の見直しの検討をしてくれると有難いと考えますが、皆さんはどう思われますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. sadayuki-298 2017/07/13 14:13

    調剤薬局の処方箋枚数1枚につき薬剤師1名を配置するという基準は、1998年に設けられました。それからずっとそのままの基準という事です。
    施行された当時は、今のような90日処方などの長期処方はなかったはずです。もちろんジェネリックも一般名処方もないのです。
    昔よりも今の方が、処方箋一つ見ても多様化しており、複雑化しています。基準によると一枚の処方箋にかかる時間は12分前後という設定のもとで、40枚だそうです。
    12分で処方箋受付から調剤、投薬まで終わるでしょうか?終わったとしても薬歴記載の時間が入っていません。何ともおかしな話です。
    そんな基準を持って来て仕事ができないというのは、現場を知らない人ではないでしょうか。それか相当仕事をさぼっている人です。

  2. tadakazu_8 2017/07/13 21:35

    40枚という基準が薬剤師の労働抑止力として働いている、という事は言えるでしょう。この40枚という基準により、それ以上の無理は強いられないということなのです。
    しかし、40枚ですらきつい、辛い基準です。薬局の立地や規模、受け付ける処方箋の内容、薬局の設備など様々な要素によって、処方箋にかかる時間は変わります。処理できる能力も、ベテラン薬剤師と新人薬剤師では違います。仕事は増える一方であり、とても一日で処理できる枚数ではありません。時間も全然足りません。

  3. yosiya_makinohara 2017/07/14 0:55

    在宅が推進されていますが、在宅の計画書や報告書にかかる時間はどのように考えられるのでしょう。
    在宅をすれば、処方箋1枚にかかる時間が増えることは絶対です。それも12分前後なのでしょうか。おかしいです!!

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ