• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅訪問を行ってない調剤薬局はこの先どうなる?

はじめまして。調剤薬局で薬剤師をしている20代です。前回の診療報酬改定で在宅に関する点数がたくさん追加されて28年度の診療報酬改定でもまた在宅分野が追加されるのではないかと聞いています。

 

これからの時代在宅訪問を行っていない薬局は売り上げが伸びずにつぶれるだろうと言われたこともあります。私の働いている調剤薬局では在宅対応を行っていません。もちろん依頼があれば考えるようですが、今のところそのような依頼を受けたこともないみたいです。

 

このままでは私の薬局もつぶれてしまうのでは?と少し不安になりますが、通常の業務でバタバタしており、これに在宅訪問もとなると実際難しいのかな?と思います。最近では在宅専門の調剤薬局も出てきているようで、これから先調剤薬局は在宅訪問をしていないと生き残れないのでしょうか?みなさんの薬局は在宅訪問を行っていますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. ninnin1744 2015/12/16 16:24

    はじめまして。私の働いている薬局は在宅を行っていますが、在宅専任の薬剤師が担当でいます。その人は普段の業務にはほとんど携わっていません。もちろん薬局で調剤して、監査を私たちが行います。

    今現在、在宅訪問を行っていない調剤薬局が、新規で在宅訪問を行うとなると、人員を増やさないと通常の業務が回らず絶対無理だと思います。また、私の薬局の場合ですが、在宅専任の薬剤師は手当が別でついているようです。

    でも毎日のようにケータイを持たされて、夜中でもドクターから呼ばれたら薬局に寄って調剤して患者宅に伺うなど、なかなかハードみたいです。在宅訪問によって診療報酬の点数は少し多くつくとしても、その分人件費も余計にかかることになるので、経営者はなかなか踏み込めない部分もあるようです。

    在宅訪問を行うように登録している薬局でも実際に依頼が来ない限り自分から営業して患者さんを獲得するのは難しいです。門前の病院のドクターが在宅訪問を行っている場合がほとんどだと思います。次の診療報酬改定で在宅分野がどれだけ占めてくるかわかりませんが、この先在宅訪問の需要が高まるのは確かです。だからといって、在宅訪問を行っていない調剤薬局が必ずしも潰れるとは思いません。

  2. gun3170 2015/12/16 23:01

    私の薬局も在宅してません。でも確かに最近このままではこの先生き残れないってよく言われてます。そのたびに『え~どうしよ~』と軽くかわしてるけど実際どうなるんだろ?
    本当に在宅してない薬局がつぶれたら、とてつもない数の薬局がつぶれるし、かと言って一斉に調剤薬局が在宅に取り組み始めても、需要は落ちそうだし。とりあえず心配しながら様子見でいいんじゃないですか?

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ