• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

半錠自家製の算定基準が知りたい

半錠で自家製剤加算を算定できるのは、どのような時ですか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. madrid_yamamoto43 2015/12/17 6:26

    割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した時、半錠自家製剤を算定することができます。ただしこれは半錠にした医薬品と同一規格の医薬品が薬価収載されていえば加算はとれません。以上より、下記のような手順で算定可能かどうかを見極めます。①錠剤に割線があるか②同じ製品名で半錠と同一規格のものがないか③ジェネリックで半錠と同一規格のものがないか

  2. taka3194 2015/12/17 13:22

    うちの薬局では、レンドルミン半錠の処方箋がよくまわってきます。
    レンドルミンの規格は0.25mgの1種類のみです。割線もあります。
    しかし、ジェネリックに半錠の規格があるのです。
    ブロチゾラム0.125mg錠の製品で1社のみ製造しています。
    これでは自家製剤加算を算定することができません。

    また、このジェネリックですが、半錠と同一規格のものがあるかどうかを毎回確認する必要があります。
    薬価収載された時点で同一規格が有ると判断されるので「前は自家製剤加算の対象だった」は通用しないのです。
    極端な話、昨日はよくても今日はだめかもしれないのです。

  3. 2jj4894 2015/12/17 19:28

    先発品とジェネリックが、同じ外形かどうかの確認も必要です。薬局でジェネリックを採用する際に気をつけて下さい。先発品には割線があるのに、ジェネリックには割線がないということが度々あります。これは先発品で加算がとれるのにジェネリックにしたら加算がとれないということを意味します。

  4. takasaki1968 2015/12/17 22:31

    レンドルミンの半錠で自家製剤加算を算定したら、レセプトで切られました。「半錠の規格があります。」支払基金のコメントがついていました。まさか、ジェネリックに半錠の規格があるとは考えもしなかったのです。

    それからは、ジェネリックの規格有無を必ず調べています。しかし、ジェネリックの規格を調べるのもひと手間かかりますよね。コンピューターですぐにわかることですが、薬局が忙しく混雑しているときは、省きたい仕事の一つです。

    自家製剤加算が算定できるか否かで、患者さんへの提示金額も変わってきます。後で調べるという訳にはいきませんからね。

  5. ike800 2015/12/18 2:10

    薬局のジェネリック採用時には、注意が必要です。
    うちの薬局ではソラナックスの半錠がよく出ます。

    これは加算対象なのですが、ジェネリックには割線の入っている製品が沢井製薬のものしかないのです。(当時の話で今は他社も割線があるかもしれません。)

    割線の有無に気付いたので問題はなかったのですが、もし気付かず他社の製品を採用していたらと考えると大きな損失です。

    ジェネリック採用時は、安定供給や価格、製薬会社、錠剤の飲みやすさなど様々な観点から選びますが、先発品と同じ外形であるかどうかも必ず確認が必要です。
    また、製品によっては、先発品にないものがジェネリックにあるということもあるのです。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ