• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

調剤過誤をないためにしている工夫を教えてください!

1年目の新人薬剤師です。この間、調剤ミスをしてしまいました。
少し慣れてきたところだったので、油断してしまいました。
幸いにも患者さんには大きな影響のないミスでしたが、やっぱり薬剤師としてとても悔しいです。

 

今後調剤ミスをしないように気を付けたいのですが、「気を付ける」といった精神論でな、く皆さんが調剤ミスをしないように実際に現場でどのような工夫をしているのか知りたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. perhaps_3634 2016/03/06 21:01

    こんにちは、新人薬剤師さん。
    初めて調剤ミスをするとすごーく落ち込みますよね、わかりますその気持ち。
    私は薬剤師歴12年ですが、やはりミスはします。
    人なのでしょうがない、そうはわかっていますが落ち込みますし、何よりミスが許されない仕事です。
    患者さんに何かあったら取り返しのつかないことになってしまうこともあるかもしれません。

    私が自分なりに課しているルールは
    「声をあげて薬品名を読む」
    という事です。
    特に当直時、他に人がいない一人チェックの時にはそうしています。
    自分が揃えた薬の横に処方箋を置いて薬の名前を読み上げる、それだけですがはっきり薬品名を意識できます。
    また薬袋と処方箋の用法用量も指さしで確認しながら、声を出して読み上げる。
    何度かそれで間違いを未然に防いでるので、おまじないのようにこの行為は行っています。
    参考になれば幸いです。

  2. nobel_8433 2016/03/07 9:28

    調剤ミスは誰でもするよ。
    ただ周りの人を見てると明らかに「よくミスをする人」と「ほとんどしない人」がいる。
    この違いをよ~~く観察していると、調剤ミスを減らすことができるんじゃない?

    明らかにミスが多い人ははっきりいって「あわてんぼう」が多い。
    一生懸命やってても、常に先の仕事のことを考えちゃってるから今の仕事がおろそかになってる。
    そして何回も同じミスをする。

    ミスが少ない人は、一度ミスをしたら「どうしてそういうミスをしたか、もうしないためにどうしたらよいか」を自分でしっかり考え、もう二度と同じミスをしないように対策を立てている。
    だから同じミスはしない。

    ヒヤリハット報告は病院でやってる?あれをただの反省文と勘違いしてる人がいるけど、あれは自分のミスを客観的に分析することが目的だから。
    他の人や自分が同じミスをしないために分析する。
    一度、今回ミスした時の状況をよく考えて、もう次は同じミスをしないように何らかの手立てを立ててみたら?

  3. announce_1102 2016/03/07 11:21

    前にがっちりマンデーかなんかで、処方箋の薬品名のすぐ横に薬のヒートを置いて一文字ずつ線を引いてチェックする、という方法をやってる薬局を見ましたよ。
    ノ/ル/バ/ス/ク/5mg/
    こんな感じです。
    私もこれを見て、いい方法だな、と思い一人調剤の際にはこの方法で確認しています。
    周りの先輩方に聞いてみてはいかがですか?
    みんな自分なりの調剤ミスを防ぐ方法を持ってることが多いです。真似できそうなのを真似するのもいいかと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ