• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬の違いを上手く説明できる方法を教えて下さい!

薬剤師です。お正月も過ぎセンター試験も終わるころ毎年この季節がやってきます。そう、鼻炎薬・花粉症の季節になります。毎年この時期の売り場作りをしていると思うことがあります。

 

今年も鼻炎薬の説明で突っ込まれるんだろうな~と!そう抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬の違いの説明を毎年毎年上手く伝えられません。
専門家に伝えるには全然問題ないのですが、一般の専門用語を知らないお客にどうやって伝えてイイものか?頭を悩ませます。情けないです。
何かこうシンプルにパッと伝える伝わる方法を教えて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. player_8481 2016/03/05 16:15

    確かにそうですよね。私達専門家はかなり無意識に専門用語を使ってしまっていると思いますね。
    私は端的に抗ヒスタミンは眠くなる。抗アレルギーは眠くなりにくい。とまず伝えます。そして症状が出てしまった後は抗ヒスタミン、予防的に早く飲むなら抗アレルギー薬と伝えます。
    これだけでかなり伝わると思いますが、抗アレルギーも抗ヒスタミンも専門用語ですね!これを意識して分かりやす伝えるように努力しないと、、

  2. family_7343 2016/03/05 19:50

    シンプルにお薬の名前と眠くなりやすい薬、眠くなり難い薬、予防的か最中かを聞いて後は、1日の使用回数とかではないでしょうか?
    きっちり3回飲める人は1日3回タイプ、飲めない人はそれ以下のタイプです。
    ただし1日1回や2回タイプは作用の持続時間が長いので眠くなった場合調整ができにくい欠点があります。
    そういったことを話のキャッチボールの中でいかに聞き出せるかだと思います。花粉症のお客様は殆どがリピートです一度自分に合う薬が分かればそれを求めます。
    その繰り返しで聞かれる頻度も年々減ってくると思いますよ。
    お客様にも少しだけ知識を増やしてもらうように接客してみて下さい。同じお客様には信用もされますしね。

  3. bathtub_789 2016/03/06 2:45

    普通に脂肪細胞からヒスタミンが遊離されって説明してました(反省)
    医療の資格を持っている人間にとってヒスタミンという言葉は、頻発するので当たり前に使いがちですね。以後気を付けます。

  4. roof_2683 2016/03/06 13:59

    人によると思いますよ。分かりやすく一般的に説明したほうがいい時と、専門用語バリバリで訳が分からんけどスゴい感で説明してあげると、これは効きそうと選択する人もいますしね。
    情報は調べようと思えば何とでもなる世の中です。ヒスタミンくらいの多少の専門用語はOKな気がしますよ。帰ってググってもらえば勉強にもなります。資格者は教えるというよりはサポートする立場だと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ