• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

整形外科門前で併用薬チェックに苦労しています

整形外科門前で働く薬剤師です。

週明け月曜日朝一番のお父さん率が高い!と感じています。週末の運動会や子供との遊び、ゴルフなどで、腰や足などを痛めて痛みどめや湿布が処方されることが多いのですが、併用薬チェックに苦労しています。

 

普段、薬をほとんど服用しないからお薬手帳はいらないし、持ちたくないと話されますが、併用薬を伺うと風邪薬を服用中、偏頭痛があるから偏頭痛治療薬を服用中、胃痛の為胃薬を服用中などなど出てくるのです。

 

お薬手帳を持っていないので私たちも薬名がわからない、もちろん本人もわからないという状態です。ご家族に電話して調べてもらったり、後に本人に確認してもらい電話をもらったりと、手間がかかっています。

 

病院へ行く時には服用中の薬がわかるようにしてもらいたいと強く思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yukiteru 2016/07/07 2:01

    週明けはただでさえ薬局が混雑しています。朝一番で来局されるお父さんは、この後出勤されるので皆さんスーツ姿ですね。そして外で(会社に?)電話をかけていたり、薬局内で書類に目を通している方も、薬局での時間を無駄にしたくないという感じです。
    ですから尚更、併用薬チェックで時間がかかると、イライラし始めたり、時間を気にして焦り始めたりすることがあるのです。ご本人も自分の事だから文句も言ないと思っていることが、こちらにも伝わって来ます。
    これを機にお薬手帳を勧め、活用してもらうように促しています。

  2. hiyoko-iwahune 2016/07/07 13:40

    整形外科は全く別、と考えている患者さんが多いのには驚きますね。痛み止めは、風邪薬や歯科でも処方されますし、OTCでも購入できます。また、痛み止めと一緒に胃粘膜保護剤が処方されますが、それも重なる事が多いですね。
    普段、薬を服用することがあまりないから余計薬について関心がないのでしょうね。そういう方に限って、重複があるものなのです!!

  3. megumi_mitane 2016/07/07 23:15

    普段病院にかからないから、薬局にとっても新患である場合が多いんですよね。過去に来局があっても、数年前とか。直近の歴がないので、こちらも何もわからないのです。
    今日の患者さん:「皮膚科でアレルギーの薬と胃薬が出ています。胃薬はシートが銀色で口の中で溶けるんです。」
    薬剤師:「おそらくそれはアレルギーの薬でクラリチンレディタブだと思われます。それは併用問題ありません。胃薬が重なると思われます。」
    患者さん:「緑色のシートで白い錠剤」
    上記やりとりがありましたが、結局わからず、自宅で確認してもらう事にしました。やはりお薬手帳は大切と改めて思いました。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ