• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

かかりつけ薬剤師を理解できてない患者さんへの指導

今年の4月からかかりつけ薬剤師の制度が始まりましたよね?

ある程度の人は理解があったのですが、年配の方にはやはり浸透していないと実感しています。今回も70代の患者さんがお薬手帳に「かかりつけ薬剤師は○○です」と記載された他店の紙が貼られていました。

患者さん自身はその薬剤師に言われるがまま貼って貰ったそうですが、かかりつけ薬剤師について何も存じていませんでした。私もとりあえず分かりやすく説明したつもりでしたが、患者さんはそこの薬局をかかりつけにはしたくないそうです。なかなか理解していない患者さんにかかりつけ薬剤師を押し付けているような薬剤師は許せないのですが、まず、患者さんの理解が出来ていないことに危惧しています。

年配の人でも理解できるように努力したいので、工夫していらっしゃる方がいたら教えてください!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. takuei-mine 2016/07/17 15:30

    かかりつけ薬剤師について、メディア等でも詳しく説明はしていなかったですよね。薬局が1人1人に説明していくには時間が足りません。

    お役所からかかりつけ薬剤師についての説明をしているDVDとかあればいいのですが・・・。私も患者さんからよく聞かれますが、説明が100%伝わっている気はしません。むしろ、混乱させてしまったのではないかと思っています。

    かかりつけ薬剤師について、薬剤師自身も不明瞭な部分があるのも事実です。その中で患者さんにかかりつけ薬剤師の説明をするのは正直リスキーです。私の薬局は説明できる紙を作って、店内に貼ったりしています。その中で患者さんが「かかりつけにしたい!」と言って来たら、説明をしっかりとするようにしています。

  2. hirono_9990 2016/07/17 20:38

    圧倒的に説明不足なまま制度が施行されちゃいましたよね。結局なんなの?みたいな患者さんが多いのも正直です。患者さんに同意書を書いて貰ったり、かかりつけ指導料でお金がかかることなど、説明しなきゃいけないこともいっぱいですよね。

    急いでいる患者さんにはとてもじゃないですが説明なんて無理です。分かりやすい冊子やペーパーがあれば別なんですけど。年配の方に対しての説明書みたいなものがあると、こちらも説明や納得して貰う材料になりますよね。

    ですから、自分の薬局では「かかりつけ薬剤師または薬局について説明が必要なお申し付け下さい」と貼り紙をしています。そこで質問がある方に対して、まずは対応をしていこうと思っていますよ!

  3. mizuka 2016/07/18 2:21

    やはり貼り紙が有効ではないでしょうか?私の薬局も一人一人に説明はしていません。ただ、なるべく年配の方(薬の残薬管理などが難しい方)をメインにかかりつけの制度を利用できるように努力しています。他院の処方箋が多い方、一人暮らしの方などは高齢になればなるほど、一つの薬局で済ませたいと思っています。その声に少しでも応えられるように、私たちも努力していかないといけませんね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ