• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ムコダイン、ムコソルバン、ビソルボンの使い分け

去痰薬って、ムコダインとかムコソルバン、ビソルボンとか色々あるけど、使い分けってあるの?Dr.の好みによる?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. harue-tarumizu 2016/07/19 18:05

    うちの耳鼻科の先生は、専らムコダインです。耳鼻科での処方は多いんじゃないかな?
    ムコダインは繊毛運動を促進して排膿作用や粘膜正常化作用がありますから、副鼻腔炎の治療や滲出性中耳炎の治療にぴったりな去痰剤です。
    それ以外でも粘り気の強い痰や鼻水をサラサラにしてあげるし、適応病名も多く使いやすい薬だと思いますよ。

    上気道の疾患にも下気道の疾患にも効くから、呼吸器科では慢性閉塞性肺疾患(COPD)なんかで長く服用することもありますね。誤嚥性肺炎にもいいと聞いたことがあります。粘膜正常化作用を期待して咽頭炎の時も処方されてますが、たぶん効くのでしょうね?

  2. hagumi30 2016/07/20 6:30

    小児科の門前薬局の薬剤師だけど、ウチもムコダインのドライシロップが多いよ。ほとんどGEのカルボシステインDSだけど。あとシロップもカルボシステイン。
    去痰作用目的としてはもちろんだし、普通の風邪で鼻がつまる時も、中耳炎の時もカルボシステイン。ムコソルバンが出ることはあまりないなー。
    ただ、ムコソルバンは薬疹とか副作用が少ないという噂はあって、色々薬で薬疹が出たことがある患者さんにはムコソルバンが処方されてたよ。

    ムコダインのドライシロップは、味も飲みやすくて子供にもお母さんにも好評なんだけど、だだ一つ、クラリスロマイシンのドライシロップと一緒に処方された時は混ぜないように注意!クラリスロマイシンDSのコーティングが酸性のムコダインに剥がされて、超苦くなるよ。あれは大人でも辛いレベル(笑)

  3. yukiyasu_6013 2016/07/20 8:06

    私の病院は呼吸器科があって慢性閉塞性肺疾患の患者さんがけっこういらっしゃるのですが、やっぱりムコダインが処方されることが多いですね。
    ただ、ムコダインは錠剤が大きくて嚥下が大変です。小さい錠剤は飲めるけれど、「ムコダインだけは散薬に」って言う患者さんが何人かいます。

    後は、ムコダインは1日3回服用っていうのが大変ですね。できるだけ服用する薬を減らしたいので、ムコソルバンLだったら1日1回の服用で済むから便利だと思います。
    ムコソルバンLを飲んでいる患者さんも特に症状は悪くないようだけど、ムコダインとの効果の比較はどうなんでしょうね。ムコダインの方が良かったりするのかしら。

    ビソルボンは・・・錠剤も在庫あるけど、あまり動かないです。別に悪い薬とは思っていないけれど、敢えてビソルボンにする理由がよくわからない。
    錠剤のサイズが小さいのはいいのでしょうが。どちらかと言うと、ビソルボン液を吸入に使ったり、ビソルボン注が静脈注射で出るかな。そういう意味では、剤形が色々あるのがビソルボンのいいところではないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ