• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

湿布の返戻が増えた?注意点は?

整形外科門前の薬剤師です。

平成28年4月より湿布枚数の上限が設けられました。1処方につき70枚が上限で、それが何日分に相当するのかを明記するということです。1日○枚や○日分というように。また部位を細かく記載するということです。

この湿布の返戻があちこちで見られるという話が先日メーカーよりありました。理由として、70枚を超えた処方、何日分に相当するかの記載漏れだそうです。

当薬局では今のところ湿布の返戻はありませんが、上記以外に何か注意をすることはあるのでしょうか。あれば教えてくださいm(_ _)m

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. itue87 2016/07/29 17:01

    湿布枚数は1処方につき70枚が上限と設けられていますね。それを超えて投薬するときは理由があれば、理由をレセプトに明記すれば認められるようです。
    しかし実際のところ、70枚超えの処方箋は見たことがありません。大手の総合病院や大学病院でも1処方70枚を上限と決めているようです。
    1か月の上限は140枚と保険上決まっているようです。これは先日久光製薬が情報を持ってきてくれました。
    1か月に2回、70枚を投薬したらそれ以上は保険がきかないということですね。塗り薬や内服薬、坐薬、OTCなどを組み合わせて上手く使ってもらうよう患者さんには伝えています。

  2. haruhumi-kaminokawa 2016/07/29 23:40

    70枚上限に苦しんでいる患者さんが結構多いです。
    軟膏やローションを使ってみても、やはり湿布が一番いいと話されています。
    ですから一番サイズの大きい湿布を投薬し、それを2枚に切って使うなど工夫されている様子です。

    また、OTCの湿布を購入される方もいますね。
    ただし、保険で湿布をもらうのとは違い、枚数は少ないのに高い、自己負担が大きくなると嘆いています。

    湿布で痛みが和らぐのであれば、湿布を使わせてあげたいと思いますが、保険を使う以上、上限があるのはしかたがないですね。

  3. ikuho 2016/07/30 4:11

    1か月140枚上限は知りませんでした。現在、1か月140枚を超えて投薬はしたことがなかったので、よかったです。
    3月までは240枚などという処方が、4月以降70枚になってしまうのですから患者さんも大変だと思います。

    また、複数のクリニックで湿布を処方してもらっている患者さんがいますので、そこはこちらで注意を払ったほうがいいですね。
    複数からもらって上限を超えていれば、あとから投薬したクリニックは保険で切られるという状態になりかねませんから。

    そこはよ~くお薬手帳などで確認する必要があります。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ