• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

疑義照会したにも関わらず処方が変更にならなかった事例

先日、高血圧で来局された患者さんにCa拮抗薬とARBの合剤が処方されました。この患者さんは今まで薬を飲んだことがないとのことで、検診で血圧が高くて引っかかったとお話していました。

配合剤は高血圧治療の第一選択薬としてしようしないこととされているので医師に疑義照会したところ、血圧が高いからそのまま出して欲しいとの回答でした。病院側のレセプト上でも通らない可能性があるのではないかと思うのですが・・・。医療事務の方にもお話しましたが先生がそのように言うのでそのまま出すしかないねっと言われてしまいました。

添付文書でこのように記載されていて疑義照会したにも係わらずそのまま出して欲しいと回答されてしまったとき、薬局としてはどのように対応すればいいのでしょうか。患者さんにも説明しにくいです。今回は先生からの指示があったことを説明して患者さんにお渡ししました。血圧が下がり過ぎないかとても心配です。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

1件の回答

  1. airu 2016/08/02 22:23

    配合剤が発売されてからこのような事例は多々あると思います。疑義照会しても処方が変わらないことが多いですよね。先生も第一選択薬にしてはいけないことを知った上で出しているようです。

    薬局としては疑義照会もしっかりしていますので問題ないかと思います。ただ副作用が出ないかはとても心配ですよね。これで副作用が出て患者さんから訴えられたりしても薬局側はちゃんとした対応をとっているので大丈夫だと思いますけどね。

    とにかく、疑義照会をしたことをしっかり記録として残すこと、服薬指導の際に副作用についてしっかり説明することで対応はいいのではないかと思います。あとは患者さん自身で血圧管理をしっかりしてもらえるようにお話するのもいいですよね。今まで薬を飲んだことのない患者さんですからおそらく家で血圧を測ったりすることもしていないでしょうし。

    今まで薬を飲んだことのない患者さんがCa拮抗薬を飲んだりすると、とてもよく反応して血圧が下がりすぎてしまうこともあるようです。患者さんには血圧が下がりすぎたときにどんな症状が出るのかを説明しておくと、すぐに対処ができるのでいいと思います。

    あまりにそのような事例が多いのであれば一度メーカーさんに来てもらって相談するといいと思います。先生のところにメーカーさんに直接行ってもらって処方意図などを聞いてもらうと役に立つと思います。メーカーさんとしても添付文書に記載してある以上、使用法は守ってもらいたいでしょうからね。薬を服用したことで何か問題があった場合に困るのはメーカーさんですしね

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ