• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

薬の配列方法

調剤薬局でお仕事をしている方、お薬の配置はどのようにしていますか?

劇薬と普通薬を分けるのは当たり前ですが、同じ薬でmg数が違う薬や、名前が似ている薬などはどのような配置にしているのでしょうか。

 

うちの薬局では基本的にあいうえお順に並べているのですが、急いでる時などにmg数を間違えそうになります。同じところに配置しておいた方が見栄えもいいと思いますが、ヒヤリハットを防ぐような並べ方にしたいと思っています。どのような工夫をしているのか、教えていただきたいです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. yona1028 2016/07/09 0:33

    薬の配置について、
    私の働いた職場では、あいうえお順に並べるところが多かったです。
    どちらかというと私は五十音順の方がわかりやすいな~。
    薬効別で配置するところもありました。(まぁ、どちら一長一短だと思います)

    あいうえお順で横方向に並べていたのですが、
    これだと同じ名称で規格の違う薬が隣同士になりますね。
    それで薬を収めている引き出しをくっつけていました。
    例えば、ガスター10㎎の引き出しを出せば、同時に20mgの引き出しも
    出てくる、といった具合です。

  2. kimiya 2016/08/05 7:23

    特に工夫はしていません。うちもあいうえお順に並べています。調剤する時に、処方を読み上げながら薬を取り、その薬のヒートと処方箋を見比べて、もう一度読み上げるようにしています。すべての処方でその方法をとって調剤しています。調剤の時点で監査も行ってるようなもんですかね。もちろん、その後もう一度監査も行ってもらいますが。
    以前は似たような名前の薬を取り違えて調剤することが多かったですが、この調剤方法で、ミスをすることがかなり減りました。読み上げって重要です。

  3. asane-26 2016/08/06 2:53

    私の薬局もあいうえお順ですが、一工夫しています。同じ名前でmg数が違うものなどは、わざと離して配置しています。

    極端に話すのではなく、たとえば、縦一列に5つのカセットがあるとして、アクトス15mgと30mgを配置するとします。15mgは列の一番上に、30mgは一番下のカセットに入れる、といった具合です。横に並べて配置する場合もあります。左側にmg数が低い方を置くようにしています。

    綺麗なあいうえお順ではなくなりますが、調剤ミスは減りました。
    それでもミスをしてしまう場合は、みんなで声掛けをして、意識して調剤するしかないですね。

  4. osamu-watarai 2016/08/06 12:58

    名前が似てるけど薬効が違う薬もあるし、OD錠もあるし、ジェネリックもあるから、お薬の並べ方に色々と悩まされますね。
    うちは、基本的には五十音順で、同じ名前や似た名前の薬のカセットにはシールを貼って注意するようにしています。そのシールも、ずっと貼ってると慣れてしまうので、定期的に貼り換えます。目につくだけでなく、貼り変える時に話題になるので、みんなが意識するようになります。
    後、ジェネリックは先発品と隣り合わせでおいています。製品名と一般名といった並びになりますかね。あいうえお順にはならないですが、一般名で書かれた処方箋を見ても迷わなくなります。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ