• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

薬局の基本点数はどうなっていますか?

内科門前のパート薬剤師です。患者さんが徐々に自己負担額に厳しくなってきています。

10円、20円の差でも、なぜと突っ込まれるようになりました。お薬手帳の有無による金額の差も納得いかず、忘れるとわざわざ自宅へお薬手帳を取りに帰るくらいです。

 

先日も患者さんから、どこの薬局でも薬代は同じですか?と質問がありました。薬局により基本点数が違うことに気づき始めたということでした。

 

そこは正直に薬局により多少基本の点数が違うことを説明しましたが、お宅の薬局が一番高いと思う、と言われてしまいました。皆さんの基本点数はどうなっていますか。近隣薬局と比べて高い、低い、どうですか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. akinori 2016/08/08 4:23

    当薬局は、調剤基本料1、基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算1を算定し、手帳の有無により薬剤服用歴管理指導料の38点、または50点を算定しています。
    これは近隣薬局と比べると少し高いようです。
    薬局により得意不得意がありますから、基準調剤加算の算定ができないところ、後発医薬品調剤体制加算が算定できないところなどで点数に開きが出るようです。
    調剤基本料はほとんどの薬局が1を算定しているということですので、ここの点数で差は出ません。また薬剤服用歴管理指導料も皆が同じように算定していますので、問題はないはずです。

  2. tikamasa65 2016/08/08 15:25

    これだけジェネリックが広まっているので、ほとんどの薬局が後発医薬品調剤体制加算を算定していると思っていましたが、そうではないということが先日判明しました、
    特に規模が大きくなればなるほど、ジェネリック比率を上げることが難しいようです。また、門前の医師がジェネリックを拒否していれば、その場合も算定は難しいですね。
    ですから、後発医薬品調剤体制加算を算定できる薬局は、規模が中程度または小規模で、門前の医師がジェネリック使用にこだわらない医師であるなどの条件が揃わないと厳しいようです。

  3. sadakazu-ibi 2016/08/08 20:11

    基本点数に差があると言っても、基準調剤加算32点、後発医薬品長じ体制加算1が18点、または2が22点です。
    3割の負担だとして、大きく差になるとしても100円から200円くらいの金額です。
    1000円も2000円も差があるわけではないのですから、それほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。
    それよりも、質の面でいかに患者さんに支持されるか、どうしたら選ばれる薬局になることができるのか、を考えるほうがいいと思います。
    金額ではなく、質で勝負といったところでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ