• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

メンタルクリニックの患者さんに副作用をどのように伝えればいいのか、困る

メンタルクリニック門前の薬剤師です。

新しくメンタルクリニックが開業し、当薬局が門前薬局になりました。今までは内科と整形外科だけの門前薬局でしたので、患者さんの増加に伴い薬局が忙しくなっています。また、患者さんの年齢、患者さんの対応などに今までとは違う点が見られますので、随時気を配りながら投薬などをしなくてはならないと感じています。

そんな矢先、メンタルクリニックの医師から強い口調でクレームの電話が入りました。副作用について患者さんにいろいろ話さないように、副作用についての説明は省くようにと。患者さんが副作用を怖がって服用できなくなっている、治療に影響がでている。以前自分が勤めていたクリニックの門前薬局はこんなことなかった、お宅はおかしいのではないか。ということでした。

その場はとりあえず謝りましたが、薬局の仕事として副作用を全く伝えないわけにはいきません。薬局としてどのようにすればいいのか、悩んでいます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kandai_kawa 2016/08/17 21:24

    メンタルクリニックの患者さんに対しては、投薬に十分に気を付けなければなりません。ただでさえ、薬を服用することに抵抗を感じ神経質になっているのですから、その人に副作用の印象を強く与えてしまうと服用をしない可能性もあります。治療をするためにクリニックに来ているのですし、薬も処方され薬局にも来ているのです。服用しなければ治療効果は得られません。
    副作用を全く伝えないというのはできないと思いますが、怖がらない程度にやさしく丁寧に副作用を和らげて伝えることはできるのではないでしょうか。
    それは薬剤師の仕事ですし、質が問われます。

  2. homare69 2016/08/18 10:18

    メンタルクリニックの患者さんに限らず、どの診療科の患者さんに対しても言えることだと思います。副作用について優しく和らげてお伝えすること、患者さんが怖がらないように服用に差支えが出ないようにすること、これが大前提ですよね。
    医師から怒りの電話が入るのも無理はないと思います。
    服用した患者さんのどの位の割合で副作用が出ているのかなども伝え、患者さんが安心して服用できるようにすることも薬剤師の仕事です。
    毎回必ず患者さんにお渡しする薬剤情報説明書にも副作用について記載されていると思いますので、それをさらっと説明してもいいと思います。

  3. masatugu 2016/08/18 21:32

    メンタルクリニックの医師も神経質な場合がありますので、注意しなければなりません。患者さんには、副作用を怖がらないくらいに説明することが必要ですね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ