• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

整形外科で労災の治療を受けている方の増加

最近、労災で整形外科にかかる患者さんが増えているように思われます。先日の新聞記事にもなっていましたが、労災認定で治療を受ける人が多いとのこと。

実際2年以内に再度労災でかかる人もいます、一度労災で治療し完治、再度労災で治療という人です。また、労災になる予定ですが、まだわからないという人もいますね。

労災は仕事中のケガはもちろんのこと、通勤途中のケガにも適応されます。ですから、ケガの程度や本人が労災申請するか否かという判断により、労災利用者の増減にもつながります。

労災は自己負担なく治療を受けることができますので、利用できるものは利用するという意識で労災治療をしている方がいるのも事実と思われます。皆さんの薬局では、労災で治療を受けている方の増加は見られますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. naosuke-25 2016/09/07 11:06

    労災で治療を受けている方、増えていますね。通勤途中に足をくじいた、通勤途中に人とぶつかった、通勤途中に転んだなど、通勤途中のケガが多いのも最近の特徴です。
    労災を使った治療を何度も受けている方もいますね。手を酷使する仕事のようで、手が痛いということで半年間治療治癒、その数か月後にまた、手が痛いと労災で治療という方もいます。
    薬局としては何で治療をしてもらってもいいのですが、普通の保険請求と労災請求は別ですので手間が増えますね。
    労災請求は一人ひとりの書類に記入、作成、捺印、送付などと手間がかかります。また、治療費の振り込みにも時間がかかりますので、できるだけ労災請求が少ない方が助かります。

  2. eizo-inasiki 2016/09/07 23:30

    労災の患者さんが増えていますので、労災について説明をしますね。
    労災を扱うにあたって、薬局が労災指定薬局になっているか・いないかで大きく変わります。

    指定薬局になっていない場合、患者さんが自費で全額支払いをし、後に請求用紙を持参され、薬局が必要事項を記入、患者さんが会社にその用紙を会社に提出することで患者さんの立て替え分が戻ってくる仕組みです。
    一方、指定薬局の場合は患者さんの負担はなく、薬局が直接労働局に請求をします。患者さんが立て替えることはありません。

    ただし、労働局へ提出する用紙を会社に記入してもらい、それを薬局に提出してもらわなければいけませんので、その作成提出が遅れると患者さんの立て替えになりますね。
    薬局としては、自分の薬局が労災指定薬局かどうかを確認すること、指定であれば患者さんから労働局提出書類を受け取ること、指定でなければ患者さんに自費でお支払いしてもらうことが必要になります。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ