• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

向精神薬の伝票コピーの保管期間

メンタルクリニック門前のパート薬剤師です。

向精神薬の保管や記録などには、普通薬とは違う方法をとることが義務付けられています。向精神薬の保管場所は、薬局内の人目につかない場所であること、保管場所には鍵をかけること。また、記録においては譲受け・譲渡しの相手方の名称や所在地が記載された伝票を、向精神薬が記載されていない伝票とは別にして保管することになっています。

ですから当薬局では、向精神薬の伝票をコピーして、そのコピーだけをまとめたファイルを作り、そこに綴り保管するようにしています。

その伝票コピーなのですが、どのくらい保管すればいいのでしょうか。知っている方教えてくださいm(_ _)m

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. munenari 2016/09/07 9:37

    記録の最終記載日から2年間、保管しなければなりません。
    向精神薬のなかでも第1種から第3種に分かれており、第1種と第2種において記録の義務があります。
    第1種はコンサータ、モディオダール、アイオナールNa注射用です。
    第2種はイソミタール、サイレース、ロヒプノール、ソゼゴン、ラボナ、ノルスパンテープ、他注射などです。
    第1種はかなり特殊で在庫している薬局は少ないかもしれませんが、第2種はかなり頻繁に投薬しているはずです。
    そのため譲受け・譲渡しも頻繁なので、しっかりと漏れのないように保管することが大切ですね。何かあってから慌てては遅いですから、常日頃からきちんと整理し、保管を正しく行うことが重要になります。

  2. itoha 2016/09/07 21:01

    第2種向精神薬は、本当によく使われる薬です。サイレースやロヒプノールのフルニトラゼパムには、ジェネリックも多数存在します。ですから、薬局内で何と何の伝票を別に保管しなければならないのかを皆で共有することが大切ですね。
    また、第1種向精神薬と第2種向精神薬のフルニトラゼパムだけは、投与期間が30日までが限度になっています。(注射は除く)他の第2種向精神薬は14日限度ですが、これらは30日投与が認められていますので、投与日数の限度と第1種・第2種が同じくくりになるわけではないこと、注意する必要があります。

  3. tomihiko 2016/09/08 3:34

    向精神薬は頻繁に処方、投与されるお薬ですが、厳重な保管や記録が義務付けられています。
    実際、向精神薬を狙った空き巣や向精神薬欲しさの多重受診なども多発しています。
    自分の薬局は大丈夫だろうと思うことなく、自分の薬局にも危険が、被害があるかもしれないということを肝に銘じ、常に意識して仕事をすることが大切ですね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ