• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

原価割れしている薬について相談です。

私が今、勤めている薬局のグループでは、原価割れを起こしている医薬品の包装は絶対に使わないとなっています。

そのため、酸化マグネシウムが出た時は必ず分包していますし、白色ワセリンも200gだろうが300gだろうが詰めてお渡ししています。

 

他の薬剤師さんは他の薬局の経験が少ない方が多いので、そういう現状に慣れてしまっておられますが、転職前の薬局では原価割れしているものでも普通に扱っていたので、どうしても面倒だと思ってしまいます。
こういった現状を何とかしたいのですが、いい案は無いものでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. sadayosi_4246 2016/09/08 5:24

    経営者の目線では、原価割れしているのは使いたくないでしょうね。
    ただし、原価割れしている医薬品は、そもそもが安いものなので、原価割れしている包装を利用したとしても、薬局の利益にはそこまで影響しないと考えられます。
    例えば、自分が勤めている薬局の1年の使用量を調べて、それを原価割れしている包装に置き換えることでどの程度薬局にマイナスになるのか調べて、それをもとに採用できないか交渉してみてはどうでしょうか。
    あまり影響がないのであれば、患者さん、薬剤師双方が使いやすいものを使えばいいと思いますよ!

  2. masami 2016/09/08 16:37

    原価割れを起こしている事を「逆ザヤ」と呼ぶことは知っている方がいいかも。
    例えば、酸化マグネシウムの分包品は防湿性もあり、見た目も包装g数で変わっているので、調剤過誤防止にもなるため利益の損失よりも大きなメリットがあることを訴えてみてはどうでしょうか。
    酸化マグネシウムやワセリンが表立って原価割れしていますが、患者さんの使いやすさや飲みやすさが勝っているのであれば薬剤師としても安心して薬をお渡しできると思います。
    過誤が起こってしまいそうな場合は、原価割れしていても分包品を使っても問題ないのでは?

  3. takanori-16 2016/09/09 4:24

    酸化マグネシウムは分包するのも結構面倒ですよね。
    大きい包装になると、吸湿しないようにしたり管理も大変です。
    そして、書かれている人もいますが、やはり患者さんが使用するので患者さんが使いやすい形状になっていた方が良いと思います。
    酸化マグネシウムの分包品はg別に複数種類ありますし、調剤する時もかさ張らず患者さんも管理が楽だと思います。
    もちろんこちらが分包した物が悪い訳ではありませんが、やはり吸湿性は否めません。
    仮に原価割れしていても、取り扱っている薬の極々一部でしたらそこは目を瞑らないといけないのではないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ