• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

注射の一般名処方の場合、バイオ後続品を投薬することは可能

勤務先は町中のクリニックの門前なのですが、時折大学病院などの処方箋も受け付けています。患者さんがわざわざ処方箋を持参されるので、薬局在庫にない薬でも手配・用意し、患者さんにお渡しするよう努めています。

先日、毎回ランタス注が処方されている患者さんがいつものように大学病院の処方箋を持参されました。
その処方箋にはインスリングランギンと明記されており、注射薬が変更になったのかと思いました。

が、これはランタス注の一般名なのですね。今まで通りランタス注を投薬しましたが、ランタス注にはバイオ後続品バイオシミラーも薬価収載されています。

注射の一般名処方の場合、バイオ後続品を投薬することは可能なのでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. tomohiko 2016/10/11 13:11

    ランタス注のバイオシミラー、インスリングラルギンBS注ミリオペン「リリー」が薬価収載されています。
    バイオシミラーはジェネリック医薬品ではないため、現段階では先発医薬品からバイオシミラーへの代替、調剤はできません。
    一般名処方、またはランタス注で処方箋に記載されている場合は、ランタス注で投薬する必要があります。患者さんがジェネリックを希望されていても疑義することはできません。
    インスリングラルギンBS注ミリオペン「リリー」で処方箋に記載されている場合しかこの薬を投薬することはできません。ですから、医師と患者さんとが直接話をしてバイオシミラーを希望されることを患者さんが医師に伝えなければならないのです。

  2. mitiyuki 2016/10/11 22:56

    バイオ後続品、バイオシミラーは、先発品と比べて同等性と同質性は確認されています。しかし、ランタス注と全く同じものではありません。分子構造が複雑なため全く同じものは作れないのです。
    ランタス注と同等の効果は得られているという声もあり、ランタス注と同単位数で問題ないということです。
    厚生省はジェネリック比率を80%まで持って行くことを念頭にしていると伝えられています。ですから、今後バイオ後続品についても、あちこちで話題になると思われます。
    まだまだ扱っている病院が少ないですから、薬局が扱うのはまだ先と思われますが、今後の処方がどうなるのか要注目ですね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ