• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

嚥下困難者用のとろみゼリーの問い合わせが増えています

先日、嚥下困難者用とろみゼリーの問い合わせを受けました。当薬局では龍角散の「らくらく服用ゼリー」を店頭に置いていますが、患者さんからは、今ご本人が使用している明治の商品が欲しいというご依頼でした。どこに行っても置いていないから取り寄せて欲しいとのことで、龍角散のゼリーを勧めましたが、それでは駄目とのこと。
仕方がないので取引先の問屋に聞いて確認をとり、何とか患者さんに希望の商品をお渡しすることができました。が、仕入価格は高く、定価で売っても薬局の利益はほとんどありません。
苦労して商品を探し販売したのに、利益の無さにがっかりです。今後どうするべきか考えてしまいます。ゼリーの注文と一緒に処方箋も持参してくれればいいのですが、処方箋は持参されません。
皆さんはこのような経験ありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. kazuhiro_8724 2016/12/04 19:19

    当薬局も患者さんのご家族からゼリーの問い合わせが多くなっています。今使用しているこのメーカーのこれが欲しいというように、商品を指定されての依頼が多いためそれを探さなくてはならず結構な手間となっています。当薬局が推奨するものがあれば、それを勧めるのですが今のところまだそれはないので、患者さんの言われるがままになってしまっています。卸問屋に問い合わせをし、仕入れ金額・売値金額を決め、とりあえず患者さんの希望商品を揃えて売ったという程度です。
    今後患者さんからの依頼が続くかどうかわかりませんが、薬局としてどのような方向に持っていくのかを検討しなくてはと考えています。

  2. hisahumi 2016/12/05 3:02

    嚥下困難者用のゼリーは各会社が様々な商品のラインナップで売り出しています。
    商品の種類で言ったら相当な数になります。
    患者さんが最初にどこで手に入れたのかはわかりませんが、患者さんの希望商品を揃えるのはなかなか大変ですよね。

    同じメーカーでも商品の大きさや味が違えば、これでは駄目と言われることもあります。
    薬局としては利益の取れるメーカーの一商品だけを推奨品として、それ以外の販売はお断りするというのも方法の一つかもしれません。
    手頃な金額で一番扱いやすい商品のルートを確保しておけば患者さんから依頼があっても、手間をかけることなく当薬局はこれです!と推すことができます。

    ただし、ゼリーの使用期限は短いものが多いので店頭に置いておく商品は少なめにして、注文が来てから発注ができるようにしておく方がいいですね。
    パンフレットと試供品を置いて置くのもいいと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ