• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

抗不安薬をこっそり飲み続ける人に対しての対応

極度の「あがり症」で抗不安薬を服用している患者さんがいます。その人は昔から人前に立つことが苦手で、それでも克服しようと努力をしてきたそうです。
今回、あがり症が少しでも改善できるようにアイドルのオーディションを受け、見事合格し活動するようになったみたいなのですが、事務所から「薬の服用をやめないのであれば活動させない」と言われてしまったそうです。
最初は「薬に頼らず頑張る」とのことで薬を飲むことをやめたのですが、薬を服用しないことへの不安の方が勝ってしまい、あがり症とは別の症状で薬を飲まなければいけない状況になってしまったそうです。
今はお母さまがこっそりと処方箋を持って来て代わりに貰っていくのですが、いつその状況がバレてしまうかとても不安だそうです。
診療所のドクターからは「診断書を書くので事務所に提出するように」と言われたそうですが、その事務所では受け取って貰えず、未だに隠したまま服用を続けています。
あまり良い状況ではないと思うのですが、このまま見過ごすしかないと思いますか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. tosimune_siroisi 2016/12/13 16:32

    薬剤師として薬をどうするかの判断は出来ないと思います。アドバイスはできるかもしれませんが、最終的な判断は患者さん本人、ドクターです。
    患者さんの悩みを聞くことは出来ても、その問題を解消できるのは難しいのではないでしょうか。
    事務所の規約で「薬の服用は認められない」みたいなことがある場合は、余程のことが無い限りは私たちにはどうすることも出来ません。
    薬剤師として出来ることは「薬を過剰摂取しないように注意すること」と「薬を飲んでて体に特変はないかの確認」の2点だと思います。

  2. mituha_13985 2016/12/13 20:27

    患者さんが本当に克服したいという意思があるのであれば、少しずつ量を減らしてみたり、飲む回数を調整してみることをドクターと相談して選択して貰えばいいと思います。
    薬剤師はドクターではないので患者さんの症状に対して診断は出来ません。ただ、患者さんの服薬状況などをドクターと相談しながら調整することはできるかもしれません。
    すぐに服薬をやめるのが難しくても、徐々に減らしていけるようにしていけば、本人も不安が少しずつ緩和していけると思います。
    事務所の人がどう言う判断をされるか分かりませんが、そこは患者さんと事務所の問題ですので私たちが介入してどうこうは出来ません。あくまでも患者さん本人の問題です。
    ただ、症状が悪化したりしないようにサポートしていくことは伝えてもいいと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ