• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

インフルエンザワクチンの供給が追い付かないという話を聞いていますか

2016年の今年はインフルエンザの流行が例年に比べ早いように感じています。例年であれば、年明けからインフルエンザの流行、学級閉鎖と話を聞くのですが、今年は流行し蔓延している、学級閉鎖も出ていると12月時点で話がでています。
患者さんの中には、そのような話を聞いてか慌てて今からインフルエンザの予防接種を打つとおっしゃっている方もおられます。
また、インフルエンザワクチンの製造が追いつかない様子で、病院もワクチンの入手が順番待ちですぐには手に入らないようです。
患者さんからワクチンを接種したいけど接種できないという話も聞いているのですが、皆さんの薬局ではどうですか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. namie_59128 2017/01/02 7:34

    問屋の話では、インフルエンザワクチンの入手が困難になっており、毎日ワクチンを探し回っていて大変、ということを聞いています。製造元は、例年通り製造をし、出荷量も例年通りと見込んでいたが今年は予想をはるかに上回る注文があるそうです。そのため製造が追いつかず、品切れを起こしているそうです。
    確かにインフルエンザの流行は例年に比べ、今年は1.2か月早いですね。11月からインフルエンザの流行というニュースを聞きましたから。
    当薬局でも、1日に5.6人のインフルエンザの患者さんが来局されています。患者さんの年齢は比較的若い方が多く、10代や20代の方が多いです。

  2. momoko_47817 2017/01/04 4:31

    クリニックによっては、インフルエンザワクチンの予約を取り、その分しか入荷しない、提供しないというところもあるようです。ですから、すべての病院・クリニックが、ワクチンを求める患者さんすべてに対して提供しているということはないようです。
    ただし、ワクチンは自費扱いで、それぞれの病院やクリニックで金額を設定することができます。ワクチンを提供すれば提供したぶんだけ直接の利益になりますので、患者さんの求めがあれば提供するという医療機関も少なくないでしょう。
    患者さんの求めが増せば、インフルエンザワクチンの製造が追いつかないということも十分に考えられます。

  3. tosihide_sywa 2017/01/04 13:01

    当薬局の周りでは大多数の患者さんが、インフルエンザワクチンを11月に打ったと話されます。医師は11月中の接種を患者さんに勧めていたようです。
    現在12月では、インフルエンザワクチンの接種は受付終了ということにしている様子で、今は逆にインフルエンザの患者さんに追われています。子供が最初に発症し、後に大人が発症するというご家族が特に多いです。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ