• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅の患者さんの情報共有手段を教えてください

内科門前の薬剤師です。
門前の内科では在宅訪問を行っており、当薬局もそこから在宅の業務を請け負っています。在宅の患者さんの総数は多い時は一週間に7人くらい、少ない時は1人という時もあります。在宅の患者さんは入退院を繰り返す方が多く、人数に変動があることが多いのです。また、情報も細かい内容が多いため、薬局内で情報を共有することに限界を感じています。
その在宅の患者さんの情報についてですが、薬局内で情報を共有するための手段としてどのような方法をとられていますか。皆さんの薬局の情報共有方法を教えてください。
当薬局では薬歴簿と口頭のため、忙しい時はどうしても情報の抜けが生じています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. yurina_higasitagawa 2017/02/02 11:51

    在宅の患者さんの場合は、在宅専用の薬歴簿に細かく記載しています。また、計画書や報告書も作成し保管していますので、それらを見ればすべての流れと情報を得られるようになっています。
    ただし、それを見なければ情報を得ることはできず、見なくてもわかるのは在宅を担当した薬剤師だけです。担当していない薬剤師は通常、在宅の薬歴簿を見ないためほとんど何も理解していません。
    今のところはそれで済んでいます。が、今後24時間携帯電話を持つようになったら、携帯電話を持つ薬剤師すべてが在宅も含めて情報を共有していなければなりません。そうでなければ電話の対応ができないという事態が発生してしまいます。
    今後どうするか早急に考えていきます。

  2. yosinori_minamibs 2017/02/02 16:24

    在宅の患者さんの情報は、通常の患者さんの情報よりも多くて細かいというのが特徴です。残薬や服用、薬の管理についてはもちろん、それ以外にご家族のこと、ヘルパーのこと、ケアマネのことなど多岐に渡ります。
    これらの情報を口頭で共有することは無理がありますので、やはり薬歴簿で確認をすることになります。
    24時間の携帯電話を持つ順番が回ってきた時は、事前に薬歴簿を見て情報の確認をしています。
    ただし電話対応において自分だけで解決ができない時は、管理薬剤師に連絡を取り、電話の内容からどのように対処すべきか、指示を受ける時もあります。

  3. yune_huzinomiya 2017/02/03 3:18

    在宅の患者さんの情報は、在宅を担当している薬剤師しかわかりません。それ以外の薬剤師は何も理解していないに等しいという状態です。薬歴簿を見ればすべてがわかるようになっているのですが、自分が担当しない限り薬歴簿を見ないというのが正直なところです。
    在宅業務を臨時で他の薬剤師が引き受けるときは、事前に引継ぎを行っています。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ