• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

患者さんから薬が足りないと言われた時どのような対応をされていますか。

高齢の患者さんが多い薬局で働く薬剤師です。
先日80代の患者さんから電話が入りました。夜に服用する分の薬が一包だけ足りないけど薬局が間違えたのではないか、だからその足りない一包を届けて欲しいという内容でした。
夜の分だけが一包足りないというのはおかしいと思い、話を詳しく聞くと昼の分が一包多く余っており、夜の分が一包少ないということです。明らかに服用を間違えた、昼と夜の服用を間違えたと思われ、その旨を伝えましたが患者さんは飲み間違えは絶対にあり得ないと言い張ります。
しかし、薬局としてもここは譲ることができません。
患者さんから薬が足りないと言われた時、皆さんはどのような対応をされていますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. nazuna-115 2017/02/02 14:45

    当薬局では投薬前の薬を全て写真で撮るようにしています。数や名称、ミリ数、すべてが正しいかどうかを後で見てもわかるように、細かく撮影しています。
    これにより投薬後に患者さんから調剤ミスを指摘された時、正しく対応できるようになりました。
    撮影をする前までは、患者さんからミスを指摘されても、薬局としての正しい情報がなかったため、患者さんの言うがまま、数が足りなければ足りない分を新たにお渡しすることしかできませんでした。
    撮影をすることにより投薬まで少し時間がかかるので患者さんの待ち時間は多少増えてしまいますが、薬局として正しい情報を持てることになりますので今後もこの撮影を続けて行こうと考えています。

  2. hinatu 2017/02/02 23:13

    大手の薬局では薬の在庫管理がコンピューター化されており、コンピューターと実在の在庫数の照らし合わせが可能になります。それにより調剤ミスなのか、そうでないのかの判別をつけることができます。
    しかし、個人の小さな薬局では在庫がコンピューター化されているところはほとんどありません。そのため、患者さんから数が足りないといわれれば、言われるがまま足りない分を新たにお渡しせざるを得ないというのが現状です。
    正しく調剤したという自信があっても、証拠がないため主張できないということです。そうならないよう、患者さんにも投薬時に数を確認してもらい、正しいということをお互いに認識して投薬を終了させるようにしています。

  3. zyuiti_abir 2017/02/03 5:39

    投薬時に患者さんにも数を数えてもらい、納得してお帰り頂くようにしています。また、一度でもミスがあったと話された患者さんには、正しい数であったかどうかの確認のため、薬局の資料にサインを頂くようにしました。これにより薬局側も患者さん側も薬の数をしっかりと認識しているため、後に数量違いのクレームがなくなりました。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ