• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

医療保険と介護保険の在宅点数に差があることに疑問を感じます

月に5人ほどの在宅訪問を行っている薬剤師です。私が担当している在宅の患者さんは皆、介護保険を持っており、本人への請求はもちろんレセプトも介護保険で請求をしています。介護保険を持っていなければ医療保険で請求となるのですが、介護保険を持った時点から医療保険よりも介護保険が優先になり、在宅の点数だけが介護保険の請求となります。
医療保険の在宅患者訪問薬剤管理指導料650点(同一建物居住者以外の場合)が居宅療養管理指導費(同一建物居住者以外の場合)503単位となります。同じ仕事をしているにも関わらす、薬局の収入に医療保険と介護保険で差が生じることに疑問を感じます。
なんとか点数の高い医療保険で請求をする方法はないのでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. miu_70289 2017/02/16 0:05

    介護保険を持つと自動的に医療保険では請求ができなくなります。医療保険でレセプトを請求すると、絶対に返戻になります。返戻の時期は1年経過後とかなり遅いこともありますが、介護保険を持ったその日から介護保険の適応です。今の制度では介護保険を持っていたら介護保険で請求するしかありません。介護保険の方が点数が低いということに不満もあると思いますが、仕方がありません。
    その他、介護保険の場合ケアマネへの報告書も必要になります。医療保険は処方医だけへの報告書で済みますが、介護保険はケアマネがプラスされます。
    介護保険は点数が低いだけでなく、業務内容もプラスされていることに疑問を感じますね。

  2. yasuiti_nosiro 2017/02/16 8:09

    医療保険の在宅患者訪問薬剤管理指導料の算定条件として、保険薬剤師1人週40回までという算定回数条件があります。また、薬局と患者宅との距離が16km以内となっています。それを超えた分は算定できません、また介護保険では今のところ医療保険のような算定要件はありません。

    介護施設を請け負っている薬局にとってはこれは有難いことで、介護保険に算定回数の条件がないことで助かっている部分もあると思われます。介護保険に算定回数条件が加われば算定の方法を考えなければならず、また施設への訪問も控えることにつながります。結果薬局の収入にも影響を及ぼしかねません。

  3. toyokazu_sikokuty 2017/02/17 1:31

    介護保険の在宅におけるケアマネへの報告書提出に、疑問を感じています。
    患者宅への在宅訪問の度にケアマネへ報告書を送付しているのですが、ケアマネからは全く連絡がきません。もちろん報告書もありません。こちらからの一方通行なのです。
    ケアマネからも何らかの報告があって当然だと思いますが、皆さんはどう思われていますか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ