• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

地域に貢献できる薬局にしたいけど、周囲の薬局から好意的に思われていません。

調剤薬局の1人として地域に貢献したいと考えています。近隣には他にも4つの薬局があり、漢方薬局や無菌調剤が出来る薬局など、さまざまな分野の薬局があるので交流をしたいと思い話し合いを持ちかけました。
しかし、今まで交流があまりなかったせいなのか話を持ち掛けてもあまり乗り気ではありません。
これから健康サポート薬局やかかりつけ薬剤師として機能していくには、他の薬局との連携がとても大切だと考えているのでどうにかして連携を取ろうと奮闘しています。
僕自身、もともとこの地域の人間ではないのであまり良く思われていないのもありますが、何か言うと「ここら辺のことをよく知らないのに、かき回すな」と釘を刺されてしまいます。
田舎になればその色が強く出るのは知っていましたし、それも含めてここを選びました。
やはりその地域にいる薬剤師としては、自分たちの働く領域に入って来られるのは迷惑でしょうか?
ちなみに、4つの薬局のうち1つの薬局はとても友好的にしてくれています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. mituki_15112 2017/03/04 21:19

    田舎の薬局では保守的になる事が多いので、それが顕著に出てしまったのですかね。
    今後の地域医療を考えると薬局同士の連携は必要になってくると思いますし、周りの薬局と仲良くしておくのは医薬品の融通の面でもメリットが大きいと思います。
    すべての薬局と最初から上手く連携していこうと思うと、どうしても足並みが揃わなくなることが多いと思いますので、まずは友好的にしてくれている薬局から連携していき、そこから輪を広げてみてはどうでしょうか。
    薬局同士の連携がどういうものであるかを体現して、最終的なビジョンを周りに伝えることで保守的な方も変わってくれるかも知れません。
    それでも連携を拒まれるようなら、連携が出来る薬局だけでしてくる方がいいと思います。
    今後は薬局も選ばれる時代になると思いますから。

  2. mano-r 2017/03/05 6:57

    自分も色々な地方の薬局で働いていて感じたのですが、その地域の県民性というか性質みたいなものがありますよね。
    その中で余所者が馴染んでいくには、どうしても時間と段階が必要になってくると感じました。

    時間をかけていいのであればゆっくりと連携の可能性を模索すればいいと思いますが、
    国が打ち出している方針では2025年が目途になっているので、あまり足踏みをしている余裕は無いように思います。

    酷な言い方になりますが、地域医療に貢献できる薬局からまずは連携を探る方が賢明だと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ