• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

内科門前で抗生剤、抗菌剤のジェネリック使用量について

クラビット錠のオーソライズドのレボフロキサシン錠「DSEP」を在庫しましたが、想定よりも当薬局使用量が少ないと感じています。クラビットが処方される患者さんは、膀胱炎またはかぜの症状がひどい患者さんが多いのですが、患者さんは皆、抗菌剤は先発品がいいと話され、ジェネリックを選ぶ方が少ないようです。
薬局としてもオーソライズドということ、名称が異なるだけということ、中身は同じということ、をお伝えしていますが、それでも先発品を選ばれます。処方日数自体が短いことも先発品を選ばれる理由になっているのかもしれません。
皆さんの薬局では抗生剤、抗菌剤のジェネリック使用量について他の薬との違いを感じていますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. sizuo_3 2017/03/07 0:16

    クラビット250mgの薬価が234,20円、レボフロキサシン錠250mg「DSEP」が94.40円、クラビット500mgが415.70円、レボフロキサシン錠500mg「DSEP」が169.90円です。
    250mgの薬価差が139.8円、3割負担で1錠あたり約42円、ジェネリックの方が安くなります。500mgでは薬価差が245.8円、3割負担で約74円安いですね。これに錠数を掛け算すれば、全量に対する差額が出ますから、金額的には差が出ている方だと思います。
    当薬局では、金額の差を教えると、皆さんジェネリックを選ばれています。

  2. haruya 2017/03/07 14:11

    ジェネリックが世に出始めた頃は、患者さん皆さん抗生剤はジェネリックに変えるのは嫌、そのまま先発品でお願いしたいと話されていました。クリニックも薬局も抗生剤はジェネリックに変更しない方がいいと考えていました。
    ところが、ここまでジェネリックが浸透してくると先発品でもジェネリックでもあまり気にしなくなりましたね、患者さんと薬局は。クリニックは、医師によって・・・と言えると思いますが。

  3. hidaka 2017/03/07 15:26

    抗生剤や抗菌剤だからジェネリックは駄目という患者さんは少ないです。ジェネリックが駄目という患者さんは、すべての薬に対してジェネリックを嫌がる傾向にあります。

  4. tasuke_1 2017/03/07 23:34

    クラビットの場合、オーソライズドがあるので患者さんにジェネリックを勧めやすいですよね。しかも、メーカーは第一三共とその子会社ということですから、他のメーカーが製造しているジェネリックとは安心度が違うと感じます。

  5. kaito_86 2017/03/08 7:43

    最近は保険者から通知が患者さんのところに届くようです。
    あなたが服用している薬○○はジェネリックに変更することができ、かつ△△円安くなります。というように。
    保険者から通知が来たから仕方なくジェネリックに変更する患者さんもいます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ