• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

メンタルクリニック門前で分包機が故障し、修理、寿命と言われました

メンタルクリニック門前の薬剤師です。
分包機の調子が悪いので、先日メーカーに修理に来てもらいました。メーカーの見解では、分包機の寿命はほぼ6年なので、経年劣化と考えられる、買い替えも検討して欲しいとのこと、リース期間も切れて更新していると思うので、それを見て検討して欲しいというのです。
分包機の寿命が6年というのは随分短いと驚いてしまいました。
100万円以上もする機械を購入しているのに、リースが切れる頃には結局買い替えを検討とは、上手くできていますよね。しかもその間6年間の修理も無償ではありません、有償で修理をして6年経つと寿命、何とも上手い商売だなと、専売メーカーならではですよね。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. tatunosuke_2 2017/03/09 20:57

    分包機を新しく導入する場合、ほとんどがリース契約と思われます。
    リースとはレンタルとは違うということがまず言えます。
    リースはファイナンスリースと解釈されることがほとんどで、機器の所有はリース会社にあります。そのリース会社と契約をして契約期間を決め月々の支払いをしていくのです。機器の購入や選定は使用者が自由に決められるが、所有権はリース会社、そこに使用者が月々の支払いをしていく、故障時は使用者の負担、リース期間満了になると再リース契約又はリース会社へ返却、または所有が移転する契約が交わされていれば使用者の資産となるのです。

  2. natune-536 2017/03/10 8:14

    リースのメリットは機器導入の際、一度に多額の資金を必要としない点です。月々一定額の支払いで済むので、経営における運転資金を留保できるのです。また、リース料は全額経費として計上することができ、固定資産に計上されないので財務比率の悪化を避けられます。
    また、リース期間は多くが3年や5年に設定されます。その期間は法定耐用年数よりも短く設定しているので、陳腐化のリスクを避けることができるのです。

  3. makiko-f 2017/03/10 22:25

    リースはレンタルとは違うのですね、故障時は使用者の負担なのですか。
    であれば使用年数が長くなればなるほど、維持費がかかりますね。

  4. wakako_saka 2017/03/11 6:41

    リース満了になると、リース会社によって差はありますが、リース期間のリース料の1/10程度の金額で再リース契約をすることができます。契約期間は1年ごとというのが一般的です。

  5. ituki_83 2017/03/11 8:46

    リースは常に最新機器を導入できる可能性があるというのも利点の一つです。これは薬局経営が順調という基本が必要ですが。
    分包機の耐用年数が6年くらいということであれば、5年のリース契約を行い都度最新機器を導入することも検討できますね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ