• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

お年寄りの患者さんが多い薬局なので小児の処方箋に慣れず時間がかかる

お年寄りの患者さんが多い薬局の薬剤師です。門前は内科、診療内科、整形外科と小児の患者さんが少ない診療科ばかりです。そのためたまに小児の処方箋を受け付けると、かなりの時間を要してしまいます。
処方箋を受け付けてから体重を確認し、処方量の体重換算、調剤、混合、監査。これらが済んで初めて患者さんに投薬ができます。1枚の処方箋に30分くらいはかかるため、患者さんにはその間買い物などに行ってもらうよう促しています。
小児科の処方箋になかなか慣れずに苦労しているのですが、皆さんはスピードアップのために工夫されていることはありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. hyuga 2017/05/11 23:03

    小児科の処方箋取り扱いは、特に気を遣いますし、慎重になります。手間がかかるうえに慎重にゆっくり作業するわけですから時間がかかるのも当然です。
    当薬局も小児の患者さんは少なく、小児の処方箋を受け付けた時には2人から3人の薬剤師で対応することがほとんどです。体重換算をしっかりと行い、散剤を調剤する人、液剤を調剤する人、軟膏を調剤する人などに分かれて調剤しています。

  2. hatuyo 2017/05/12 0:36

    体重換算に手間がかかっていると思います。
    そのため頻繁に処方される薬については、体重あたりの容量をあらかじめ計算して貼って準備しています。1kgあたりの容量や10kgあたりの容量を計算しておけば、体重の換算が簡単です。
    数種類の薬が処方されていても素早く計算することができるので、それ程時間はかからないと思います。

  3. aona 2017/05/12 5:42

    容量に問題があった時が、問題なのです。
    体重換算しておかしい、となれば他の薬剤師も計算をします。それでもおかしい、正しい容量はどれくらいかと計算をし、医師に疑義をしなければなりません。
    それから初めて調剤ができるのですから、時間がかかりますよね。

  4. hiroyo 2017/05/12 17:41

    小児科や耳鼻咽喉科などの小児に慣れている医師の処方箋であれば、処方箋に間違いという事は滅多にありません。念のため調剤前に体重換算は行いますが。
    問題は小児に慣れていない医師の処方なのです。小数点の位置がおかしい、容量が10倍の容量になっている、小児に禁忌の薬が処方されているなどということもあるからです。

  5. hazuki 2017/05/12 19:01

    医師も薬局も小児の処方箋に慣れているとスムーズに作業ができます。しかし、たまにしか扱わない場合は、どうしても時間がかかってしまいますよね。
    また、処方された薬が揃わず他の薬局へ買いに行く、散剤から液剤へ変更してもらう、などということになると更なる計算や時間がかかるのです。
    患者さんには、小児科へ行ってください、その門前の薬局に行ってください、と言いたいです。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ