• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

患者さんの待ち時間の対策

春から夏場にかけては、皮膚科が込み合う時期です。それと同時に薬局も皮膚科の患者さんであふれかえります。
皮膚科の薬は軟膏の混合や液剤の混合調剤が多く手間がかかります。そのため、患者さんをお待たせする時間が必然的に長くなってしまい、結果、待ち時間が長すぎて患者さんが逃げてしまうということ状態になっているのです。何とか門前の患者さんは受け入れられるよう工夫をしたいと考えていますが、皆さんは患者さんの待ち時間のために何か工夫をされていますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. moena_54601 2017/06/04 7:24

    皮膚科の処方箋には時間がかかりますね。特に夏場は患者さんが増え、かつ処方が重たくなります。
    100gと100gの混合を4つ調剤する時には、かなりの気合が必要になります。当薬局は自動の混合機がないため、軟膏ベラを使って自分で混合しなければなりません、チューブから出すのも自分の手です。
    患者さんには、混合するのに時間がかかることを、処方箋を受け付けた時点で伝えます。最初に伝えることで、患者さんは快く承諾してくれることもありますし、時間を潰しに外出してくれることもあります。時間がかかること、前提で話を進めます。

  2. gaia 2017/06/04 21:25

    皮膚科の患者さんは、最近わかってくれています。時間がかかると思って来局してくれるので、明日また取りに来る、夕方取りに来る、などと時間を空けてくれるのです。非常に助かりますね。
    また、待ち時間が嫌な人は、来局前にファックスを送信してきます。患者さんの来局までに間に合うかどうかはわかりませんが、とりあえず事前の準備はできますのでファックスも大変有難いです。

  3. kanae_26 2017/06/05 0:04

    皮膚科の患者さんだけに限らず、皆さんスマホをいじっていますね。
    皆、下を向いていて異様な光景です。しかし、スマホのおかげで待ち時間をそれほど退屈せずに、嫌な思いをせずに、待ってくれています。
    スマホがなかったら、皆待ち時間が長いと言ってイライラしているだろうと思います。

  4. toyohumi_simizu 2017/06/05 4:31

    待ち時間が長いというのは、それだけ混んでいる薬局ということですよね。羨ましい響きです。
    当薬局は患者数が少ないため、患者さんの待ち時間はほとんどありません。あっても調剤と入力の時間くらいです。

    そのため患者さんは、ここの薬局に来れば待たなくていいからいいわ、ここは空いていていいわ、というのです。
    なんだか複雑な気分です。

  5. katunao_90 2017/06/05 6:10

    混んでいる薬局があるから、空いている薬局にも患者さんが来るのです。
    全ての薬局が空いていたら、薬局の経営は成り立たないでしょう。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ