• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

ネットの第一類医薬品の扱いはどのようになっているのですか。

調剤薬局でOTCを販売している薬剤師です。
第一類医薬品のガスターやロキソニンなども販売しています。調剤に処方箋を持参された患者さんが購入されることもありますし、ガスターやロキソニンが欲しくてわざわざ来局される患者さんもいらっしゃいます。
先日患者さんが、ロキソニンが欲しくても他の薬局ではなかなか購入できないと話されました。薬剤師が勤務している時間しかロキソニンを販売してくれないため、欲しくても売ってくれないということです。
最近ではアマゾンなどでも第一類医薬品を販売していると聞いていますし、ネットで購入した方がポイント加算やクレジットカード払いの選択もできるため利用者にとっては利点が大きいと考えます。
ネット販売における第一類医薬品の扱いはどのようになっているのですか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. sanami-705 2017/06/27 21:02

    欲しいと思ったときにすぐに購入できるのは、やはり店頭での購入のメリットです。それが薬剤師不在で購入できないという事になれば、患者さんからの不満の対象にはなりますよね。
    しかし、第一類医薬品を販売していない薬局がある中で、時間は限られていても販売はしているというのは大きな特徴です。
    また、一類医薬品をネットで購入することに、患者さんが簡単に購入できると思えるのか?という疑問もあります。健康食品は簡単にネットで購入できても、一類医薬品は簡単には購入できません。購入する側も手間がかかりますから、その時点でネットでの購入は諦めてしまうのではと感じます。

  2. maiko-r 2017/06/28 12:13

    アマゾンでの第一類医薬品の購入には何段階かの関門をクリアしなければなりません。
    購入者は、使用状態のチェック回答をし、説明の確認をし、薬剤師による適正な使用の確認を受けなければなりません。メールでのやり取りや、場合によっては購入できないという事もあります。
    購入者にとっては手間がかかる、かつ時間がかかるという事になります。そのため、近隣の薬局で購入した方が面倒はないと感じるかもしれません。

  3. kira_9697 2017/06/29 4:12

    当薬局もロキソニンやガスターなどの第一類を販売しています。値引きしなくても売れる、患者さんが商品名を指定してくるという事から、薬局経営としてはリスクの少ない商品になっています。

  4. katuhiro_93 2017/06/29 15:21

    先日タリオン錠が欲しいという患者さんが来局されました。
    OTCでは販売されていないため、アレルギー薬のクラリチンやアレジオンを勧め、アレジオンを購入されました。
    店頭販売のメリットは、やはり相談しながら購入できるという点ですよね。

  5. yumie_ibusuki 2017/06/30 3:06

    ネットで購入すれば、薬局の店頭で購入するよりも安い価格で購入できるかもしれません。
    ネットでは定価ではなく、割引の価格を売りにしているところもありますから。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ