• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

日本調剤薬局が病院研修を取り入れたとのことです。

調剤薬局勤務15年の薬剤師です。
全国展開している調剤専門の薬局、日本調剤薬局(株)が研修制度として病院研修を取り入れたという記事を目にしました。今までは試験的に病院研修を行っていたとのことで今後は全国的に取り入れていくという内容でしたが、実際病院研修ではどのようなことをするのでしょうか。
小さな個人薬局は到底太刀打ちできないのですが、今後薬局の流れはどのような方向へ向かうと考えられますか。やはり在宅医療、地域医療でしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. taketoyo_5 2017/07/09 2:09

    2015年の記事によると、日本調剤薬局は旭川医科大学病院で試験的に薬局薬剤師の研修を行い、今後全国的に取り入れていくとなっています。研修日数は40日~50日、時間にして150時間くらいの研修のようです。調剤室業務から混注業務、製剤室や病棟業務などが組まれ、広い知識を習得するようです。
    日常の調剤薬局業務では体験できない研修ですので、かなり貴重な体験であり、仕事においての視野がかなり広がりそうです。

  2. tamao_2 2017/07/09 18:57

    高齢化社会の日本においては、地域医療、在宅医療が今後どんどん展開されるはずです。
    今ですら、病院のベッドは空きがなく入院したくてもできない状態です。介護においても施設に入るには、何年も待つ状態です。余程特別な施設でない限り、なかなか簡単に入居することはできません。また、介護保険の認定申請をしても、介護度を取得するということがどれだけ大変なことか、家族は身をもって知っているはずです。そのくらい高齢化の医療は切迫しているのです。
    できるだけ在宅で医療を受けるという事を国が推進しているため、薬局も病院のような高度な技術が求められることもあります。特に医療機関があまり進出していないような地方では、求められる仕事が高度化するとも考えられます。

  3. kiyohide-9144 2017/07/09 23:55

    首都圏の調剤薬局に勤務する薬剤師です。
    混注をするなんて、とても当薬局では無理です。薬局にもそれぞれの役割が自然の流れで出来上がっています。

    大学病院などの門前であれば、高度な調剤も必要になるでしょう。
    開局時間も24時間など、地域によっては必要かもしれません。

    資本が多いチェーン店などの調剤薬局が、高度な医療を取り入れ、個人の薬局は町の薬局として患者さんの相談に乗ることが求められていると思います。

  4. kiyohide-9144 2017/07/10 5:49

    病院研修は魅力がありますが、ほとんどの薬局ではその技術を習得しても実際利用することはできません。薬局自体がそのような高度な調剤には対応していませんから。今後は今まで以上に、薬局の役割分担が進むでしょう。

    しかし、最終的な目的は今後一層進む高齢化社会に向けての取組みです。それは在宅医療の推進で、そのための担い手として薬局の果たす役割は大きくなっていくと考えます。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ