• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

整形外科門前の薬剤師です。リリカOD錠もジェネリック対策なのでしょうか。

リリカOD錠が発売されるという話を聞きました。2017年5月31日に薬価収載され、6月8日が発売日という事です。25mg、75mg、150mg、すべての規格が対象のようです。
最近ではOD錠の発売はジェネリック対策としての意味合いが強いと感じていますが、リリカもジェネリック対策なのでしょうか。リリカの特許切れはまだまだ先だと思っていたのですが。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

5件の回答

  1. mituhide_96540 2017/07/16 21:09

    当薬局にも先日、ファイザーのMRが来局されました。リリカのOD錠を宣伝するために来局されたのですが、リリカの特許はまだ5年残っているそうです。ですからジェネリックは早くても5年後ということで、今回のOD錠発売とジェネリックは関係なさそうです

  2. hitosige 2017/07/17 13:40

    OD錠の発売はジェネリックと関係なく、服用しやすい剤型という事で発売するようです。

    高齢化が年々進み、嚥下困難な方が増えています。
    嚥下困難まではならなくても、飲み込みづらい、違和感があるなどで服用を辞めてしまったり、毎回辛い思いをし我慢しながら服用している方もいます。

    そのような方に対応するため口腔内崩壊錠のOD錠を発売するということです。
    2017年6月8日発売ということですから、7月くらいから各病院、医院の処方箋に記載されるようになると思います。

  3. etuzi 2017/07/18 14:37

    現在の剤型はカプセル剤であり、比較的大きいカプセルです。患者さんから服用し辛いという話を聞くこと、頻繁にあります。やはり高齢の患者さんが服用にてこずっているようです。
    服薬ゼリーを利用し、ゼリーでながし込んで服用している方にすれば、OD錠はかなり画期的な製品と言えるでしょう。
    最近患者さんの服用ゼリー購入者が目立ちます。薬だけでなく、食事もなかなか通りづらいという方も増えており、食事にも利用できる粉末ゼリーが良く売れるようになりました。

  4. takahisa_8 2017/07/19 6:43

    リリカOD錠の包装単位は、100錠のPTPと500錠のPTPです。ただし500錠のPTP包装は、150mgにはありません。25mgと75mgだけになっています。
    頻繁に処方されるのは25mgと75mgだと思いますので、150mgに500錠包装がなくてもそれほど発注、在庫管理に苦労はしないと思います。

  5. katuziro_79 2017/07/20 6:26

    リリカの適応は神経障害性疼痛と繊維筋痛症疼痛ですが、高齢の患者さんの服用が目立ちます。
    あの大きなカプセル剤を1日2回服用するのは、結構しんどいかもしれませんよね。毎日服用するのですからやはり、できるだけ服用しやすいOD錠の方が、安心して服用できますね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ