• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅を請け負っている薬剤師です。門前以外のクリニックから在宅のやり方について駄目だしされました

内科門前の在宅を請け負っている薬剤師です。
在宅医療に取り組むクリニック、それを必要としている患者さんも増えています。当薬局も門前の医師の在宅を請け負っていますが、それ以外のクリニックからの依頼も増えて来ています。

多くは患者さんが当薬局を指定しているため、当薬局に依頼がくるというものです。もし、患者さんがどこの薬局でもいい、という話になれば在宅クリニックがひいきにしている薬局が在宅することになるのでしょう。
薬局が異なればやり方も異なります。クリニックも同じで、それぞれのやり方や方針がクリニックにも薬局にもあります。お互いにそれぞれのやり方を尊重しないとクリニックと薬局とのいい関係が築けないということになりかねません。

先日も、クリニックの方からいろいろと駄目だしを受けました。黙って聞いていましたが、あまりにも一方的なやり方、強要に驚かされました。
皆さんはこのような経験ありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. huzihiro 2017/07/17 13:03

    在宅をしているクリニックと言っても、様々なクリニックがあります。
    専門的なチームを組み、医師、看護師、ケアマネ、ケースワーカーなどがクリニック内に配置されているところもあれば、医師と看護師の2人、医師1人で在宅を行っているところもあります。薬局も同じで、薬剤師がチームを組み在宅に専門的に取り組んでいるところもあれば、薬剤師1人が在宅をしているところ、薬局業務との並行で在宅も出来る限り行うというところもあります。
    それぞれの事情による体制づくりがなされているので、広い視野で仕事をすることが問われます。

  2. ameri 2017/07/18 22:10

    チームを組んで在宅を行っているところは、それなりのシステムが出来上がっています。
    医師、看護師、ケアマネなどの報告書がシステム上で一元的に管理されており、患者さんの状態をそのシステム一つで把握できるというものです。

    処方箋もそのシステムに反映されており、そこから引き出して印刷ということになります。
    本証は患者さんが持っているということですが、まずはそのシステムを確認して欲しいと言われるのです。

    今のところ、何とか当薬局でも対応はできていますが、最初はシステムを見るだけでも苦労の連続でした。
    在宅にも様々な難関があることを思い知らされました。

  3. katutika_87 2017/07/19 23:45

    クリニックによっては、薬局の内部事情にまで口を出してくるところがあります。
    在宅の目的は、患者さんやご家族のケアであり、その方々に満足してもらえる仕事をすることです。クリニックに満足してもらうために在宅をするわけではありません。
    もちろん、お互いに連絡を取り合いあい、より良い仕事ができるようにすることも大切ですが、自分たちのやり方を押し付けるようでは駄目ですよね。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ