• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

健康サポート薬局について、次の改定の情報は来ていますか。

健康サポート薬局について何も考えられない薬局薬剤師です。
2025年問題という事で超高齢化社会に向けて、薬局の体制づくりの基準が厚労省から提示されています。

現在の調剤点数ではかかりつけ薬剤師や在宅などが基準調剤の点数条件となっていますが、今後健康サポート薬局を意識した条件が提示されることは必然と考えます。
OTC医薬品の在庫数条件、介護用品の相談窓口なども加わるかもしれません。

しかしながら、現状の薬局体制ではとてもではないがOTC医薬品の条件や介護用品についてまで手を広げることはできません。
現在の24時間対応や在宅で手一杯です。

平成30年の診療報酬改定がどうなるのか、平成28年にも増してさらに厳しい条件を突き付けてくるのか、どうなるのか早く知りたいところです。
皆さんのところに次の改定の情報は来ていますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. itita-xxspa 2017/08/05 0:20

    とりあえずは、かかりつけ薬剤師を養成し、在宅訪問を行い、24時間対応という形のみ、と当薬局ではこれだけで精一杯です。後は後発医薬品調剤体制加算1を算定しているのですが、現在の後発品調剤率は67%くらいです。これを70%にどのように引き上げるかを考えているところです。

    国の指針として、平成30年までには後発品調剤率を70%には持っていかないと厳しいと以前言われていました。それが本当だとすれば当薬局は、まだまだという状態です。
    ある程度の在庫はジェネリックに変更しています。

    あとは、医師の処方と患者さんの意向によるものと思っているのですが、今後どのような対策を練るべきか検討中です。健康サポート薬局については、何も考えられません。

  2. kisuke-70 2017/08/05 19:19

    健康サポート薬局のために、OTC医薬品をむやみやたらに在庫することはできません。
    置いたところで、大手と価格で負けるのですから売れずに不動在庫ちなり、破棄という流れになります。
    当薬局では一類や二類医薬品のスイッチOTCは数個置いていますが、それでも期限切れで破棄するものもあります。アレグラがスイッチした年は、OTCのアレグラが本当によく売れました。CM効果なのか、知っている人は皆購入するくらいの勢いでしたが、ここ最近は全く売れません。
    スイッチOTCで売れるのは、金額が手ごろですぐに服用したい薬、ロキソニンくらいです。

  3. yositeru7 2017/08/06 0:53

    確かにアレグラの売上は下がっています。その他、アレジオンやクラリチンも以前ほど売れません。
    皆さんOTCは高いということはご存知です。
    ですから、急ぎではない薬は医療機関へかかって薬を処方してもらいます。その方が安く、多くの数を処方してもらえるのでお得ですよね。アレルギー薬はその典型ともいえるのではないでしょうか。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ