• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

その漢方薬上げますか?下げますか?

漢方薬はどちらかというと女性に向いていると思っています。自身も更年期症状などが感じられるときは「加味逍遥散」はお世話になっています。
同年代の女性(40代)に保険適用漢方薬エキス剤が処方されたときでも自分の経験などを踏まえてご相談にのることもあります。

先日「加味逍遥散」と「当帰芍薬散」2種類が処方された40代の女性からどんな効果があるのか質問されました。私の知識、経験ではこの二つの漢方薬は違ったタイプのかたに処方していたよう感じました。よって「ドクターにどんな症状を訴えられましたか?」「その症状にあうと思います」なんて説明で終ってしまいました。

不充分な気がします。けれど、経験などに照らし合わせてアドバイスできる組み合わせではなかったのです。どう理解すればよかったのでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

2件の回答

  1. taihei9 2017/08/07 14:35

    非常に簡単な説明なんですが、私がこの2種の漢方薬処方を見たときにまず頭に浮かんだのが、この患者は相当いろんな症状を訴えられたのではないかということ。
    つまり年齢からいって、まず更年期症状と診断されたのではないでしょうか。

    そこで加味逍遥散で、不定愁訴をやわらげ、その訴えの中の下半身の冷えが、色白やせ形の証と一致して当帰芍薬散を加味されたと考えてはいかがでしょうか。
    確かに加味逍遥散は肝が亢進して蒸気が上方に登って暑がっている感じで、それを冷やして下げて落ち着かせる。
    当帰芍薬散は水毒からくる下半身の冷えで下がった水のめぐりを循環させて上げて温めるエネルギーを出す感じ。

    つまり反対の処方のように一見思えますが。
    底に流れている患者様の大きな原因は更年期の気血の乱れでそれに加味逍遥散を働かせて、対症療法的に冷えをとるために当帰芍薬散でしょうか。
    しかしこれはドクターの処方意図を想像しているだけなので、これをお伝えするのは保険薬剤師の仕事の範囲を逸脱しているのでしょうか。

    保険で使われるエキス剤を処方通りに患者様にお出しする場合、やはり質問者様のなさったように、どのような症状で来院なさったのか確認して相当な逸脱がなければ、その症状が和らぐか服薬していただき確認してもらう、が妥当なのでしょう。

  2. yurina_23 2017/08/07 22:06

    調剤薬局で漢方のエキス剤を処方されたわけでしょ?それなら「漢方薬はドクターの考え方で処方もかなり変わるので、いわれた通りに服薬してください。なにかあれば、再度来院してドクターに感触を伝えて下さい」って私ならいいますね。それ以上は出しゃばりません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ