• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

リンゼス錠は副作用が少ないとなっていますが、実際はどう?

2017年リンゼス錠が発売になりました。リンゼス錠は腸管内水分量を増やし腸管動きを活性化する便秘改善薬です。クロライドイオンを腸管内に分泌させるという点でアミティーザカプセルと似た作用ですが、その過程は異なります。
また、適応も異なり、リンゼス錠は便秘型過敏性腸症候群のみに適応、アミティーザカプセルは慢性便秘症の適応となっています。
その他、副作用の違いはどうなのでしょうか。アミティーザカプセルは初期に吐き気を生じる方が多く、そのため服用を断念せざるを得ない方が多いと感じました。
リンゼス錠は比較的副作用が少ないと聞いていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. anzu9 2017/08/16 22:48

    リンゼス錠は、腸管内の水分分泌量を増やし腸管の動きを促進させて便秘を改善するお薬です。適応は現在のところ便秘型過敏性腸症候群に限定されているため、慢性便秘症では保険は通りません。作用としては慢性便秘症にも利用できるお薬ですので、今後適応は慢性便秘症にも広がることを期待しています。
    副作用につぃてですが、アミティーザカプセルに比べて吐き気はほとんど生じないと思われます。また、報告がある副作用としては下痢や腹痛となっています。腸管の動きを促進させる働きがあるお薬ですから、このような副作用はあっても仕方がないと感じます。副作用の発生率としては21.5%、の報告が上がっています。

  2. sizuko5 2017/08/17 18:51

    体内吸収されないということから安全性に非常に優れており、腹痛などの副作用も少ないお薬という事で発売されました。

    しかしながら副作用が全くないわけではなく、下痢の発生には気をつけなくてはいけません。下痢と言っても重度のかなりひどい下痢、脱水状態に陥ってしまったり、意識障害が生じるような場合は中止です。

    便秘を改善するわけですから、ある程度の下痢は仕方がないと思いますが、あまりにもひどい場合は医師へ相談することです。

  3. hayae5 2017/08/18 11:28

    リンゼス錠を服用してはいけない方は、消化管閉塞の方やリンゼスの成分に過敏症を起こす方です。
    リンゼス錠は腸管水分量を増やし腸管を活発化させますから、消化管が閉塞している方にリンゼス錠を使用すれば腸管内の圧力が高くなり吐き気や腹痛はかなりひどいものとなります。
    消化管の閉塞は、癌がほとんどです。吐き気や腹痛、膨満感などが現れますから、このような症状が現れた方は即中止し、すぐに病院に罹ることです。

  4. sadanobu78 2017/08/29 10:54

    今のところ当薬局では、強い副作用を訴える患者さんは出ていません。
    効きすぎるから駄目という方はいますが、そのような方は従来の便秘薬に戻した処方になっています。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ