• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

EBMについて具体的に教えてください

ある患者さんは自宅で血圧を図ると上が200近くあると話されます。しかし、クリニックで先生に測ってもらうと130くらい、一体どうなっているのかしらと常に不安を抱えています。自覚症状はないようなのですが、自宅での血圧があまりにも高いので心配とのことです。

血圧が200もあったらそれは心配ですよね、当たり前だと思います。しかし、医師は問題ないと言うだけで、特に何か薬を出すとか、記録をつけるよう患者さんに促すとか、などという事は全くありません。

最近セカンドオピニオンという言葉もだいぶ浸透し、患者さんの中には納得がいかなければ他の医師に相談するという方も増えています。これをEBMというのかどうかはわかりませんが、この患者さんにしても他の医師に相談することを勧めたいとも思います。

が、私たちからそのような事は言うこともできないため、何とも苦しい状態です。EBMについて具体的に教えてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. ayane8 2017/08/17 15:56

    エビデンスに基づいた医療をEBMといい、どの医師も治療を選択する際にはこのエビデンス(根拠)に基づいた治療を選択しています。そしてその治療には患者さんも積極的に参加していくことが求められます。
    医師が「このような治療方針で行きます」と言えば「お願いします」というしか手段はないと思われがちですが、患者さん自身が治療方法を選択し、納得のいく治療をするという事が大切なのです。
    治療方法にはこのエビデンスに基づいた方法が用いられるわけであり、方法は1つとは限りません。
    患者さん自身が積極的に治療についてを学び、選択するという方法もあるという事を知って欲しいですね。

  2. moana 2017/08/18 16:06

    EBMもインフォームドコンセントもセカンドオピニオンも、どれも患者さん自身が自分の治療に積極的に参加する、治療方法を自ら選ぶという事です。

    末期がんの患者さん本人に、隠すことなく状態をストレートに告知することが増えている、という話は良く聞きます。

    残された人生をどのように過ごすのか、患者さんやご家族が考え、医師と相談して決めること、これが自分の治療に積極的に参加するという事ですね。

  3. katunobu12 2017/08/19 0:24

    私の母は肺がんで亡くなりましたが、抗がん剤治療をしないという選択を自らの意思で行い、人生を全うしました。
    癌が見つかった時には、すでに余命3カ月と言われていましたので、抗がん剤治療で苦しむよりは残りの人生をできるだけ楽しんだ方がいいという事から選択したのです。
    結果、余命3カ月と宣告されてから、8カ月生きました。その間旅行にも行きましたし、家の片づけ、会社の件など整理することができました。
    本人も家族もある程度納得した上で、過ごせた8カ月だったと思います。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ