• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

不動在庫について現状を聞かせてください

当薬局は国道沿いに位置しているチェーンドラッグであり、門前はありません。数十メートル離れた所に個人のクリニック、耳鼻咽喉科や眼科が位置しているというくらいでそこからの処方箋が1割程度、他は様々な病院やクリニックの処方箋となっています。
そのため在庫の管理は非常に大変で、特に特殊な薬、患者さん一人のために用意している薬などは処方箋を受付してから薬を用意するシステムにしています。以前は患者さんが来局される前に用意していたのですが、用意していても患者さんが来局されない、薬が変更になるなどリスクが大きすぎるため、現在のシステムに変更しました。
それでも薬局の不動在庫は増え続けており、薬をしまう棚や引き出しが無くなってしまったというくらい在庫が満杯です。
皆さんの薬局の現状を聞かせて下さい。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. masatika3 2017/09/05 22:55

    当薬局は30%位が門前、70%がその他という比率になっています。
    門前が30%と言っても、門前の内科の特徴は大学病院で治療を終了した方が、そこでの薬を継続処方してもらうために門前の内科に通院される方が多いのです。そのため、大学病院の処方薬がそのまま処方されるので、薬は多岐に渡ります。

    特にジェネリックに関してはかなり大変です。同じ成分のジェネリックでもメーカーが違えば、患者さんは嫌がります。今まで大学病院で処方されていたもの、そのものがいいと主張されるのです。

    もちろん、患者さんには当薬局のジェネリックはこのメーカーのものです、というようにお伝えをし当薬局のジェネリックで投薬できるような方向に持っていっていますが、中にはそれを嫌がる患者さんもいるのです。
    そのおかげで在庫は確実に増えてしまいます。

  2. huzitaros 2017/09/06 3:08

    ジェネリックが採用されるようになってから、薬局の在庫は着実に増えています。単純に考えれば1つの成分に対して最低2種類の薬が在庫となるわけですから、2倍に増える訳です。全ての薬が2倍に増える訳ではありませんが、毎年1割ずつ在庫が増えていくだけでも大変なことです。
    かといって在庫を減らすことは簡単なことではありません。患者さんが使用しなくなったからと言って在庫がゼロの状態なわけではありませんし、新薬が発売されたからと言って全ての患者さんが新薬に移行するわけではありません。
    在庫は増え続け、それと同時に不動在庫も増え続ける訳です。

  3. nausika_41 2017/09/06 8:16

    一度ジェネリックを試してみるが駄目で、先発品に戻す患者さんもいらっしゃいます。そのジェネリックや先発品が複数の患者さんに処方されていればいいのですが、一人の患者さんだけの場合に、これをやられると困ります。
    薬局の事情ですので、患者さんに駄目ともいえず、結局不動在庫です。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ