• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

薬局間の薬代の差について、患者さんから言われたことはありますか。

都内の薬局薬剤師です。都内近郊では地方に比べて家賃も高いですし、人件費も高い、物価も高いため、薬局の基本点数である基本調剤料ほか、処方箋受付ごとに算定できる点数獲得に全力を注いでいます。
基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算などです。
これらを算定するか、しないかというのは薬局の経営にも関わるくらい大きな点数となります。逆を言えば、この点数により患者さんの自己負担額も相当異なるという事です。それぞれの薬局によって患者さんの自己負担額が大きく異なる、ということは薬局として患者さんに支払ってもらえる金額なのか、金額に相当するサービスを展開しているのか、と問われているとも言う事ができます。
この薬局間の薬代の差について、患者さんから何か言われたことはありますか。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

3件の回答

  1. kiyoto_19 2017/09/10 12:09

    基準調剤加算は1回の受付に付き32点を算定できます。
    この基準調剤加算を算定するには、医薬品在庫を1200品目以上揃える、24時間体制を整える、かかりつけ薬剤師を配置する、在宅を実施する、などの厳しい条件をクリアしなければなりません。
    薬局側からの考えでは、これらの条件をクリアするには相当な覚悟と経費と薬剤師の体力が必要になることから、32点くらいはもらわないと経営が成り立たないというのが本音だと思います。この点数を獲得するために、どれだけ薬局が努力をしているのかという事です。
    しかし、患者さんからみた場合、薬局でお薬をもらうだけであればこの点数はあまり関係なく、この点数があってもなくても同じように薬をもらうことができる、サービスの違いという形を感じとることはできないでしょう。
    患者さんに薬局間の金額の差を理解してもらうことは難しいと言えます。

  2. atue5 2017/09/10 22:22

    当薬局は基準調剤加算と後発医薬品調剤体制加算を算定しています。近隣の薬局に比べて、おそらく点数は高いと思います。
    近隣の薬局は、基準調剤加算、または後発医薬品調剤体制加算のどちらか一方しか算定できないという薬局が多いからです。

    患者さんからこれらの点数について何か言われたことはありませんが、当薬局は高いと感じた患者さんは他の薬局へ行かれていると思います。
    何も言わずに去って行くものです、患者さんとは・・・。
    何か言う患者さんほど、その薬局に通いたい、という思いが強いのであり、だからこそ薬局にi様々なことを言うのです。

  3. mituhide2 2017/09/11 9:19

    どこの薬局も基準調剤加算32点と後発医薬品調剤体制加算18点は欲しい点数です。しかし、欲しくても獲れないのが現状です。
    門前の医師が後発品を勧めない、処方箋に変更不可の✖印をつければ、それでもう18点はもらえません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ