• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

駅前に位置する薬局の薬剤師です。フランチャイズに買収されていく薬局を横目に不安を感じます。

駅前に位置する薬局の薬剤師です。当薬局同様、駅前に位置する薬局は駅の北口と南口合わせて10店舗くらいになります。チェーンドラッグから個人経営の薬局まで様々ですが、最近個人の薬局がフランチャイズ薬局に買われているという話を聞きます。大手の調剤薬局グループに買われているようで、それぞれのシステムにも変化が生じているようです。
以前は薬の売買など融通が利きお互いに薬を売買し助けあっていましたが、フランチャイズ薬局になってからは、そのような薬の売買が一切できなくなりした。会社の方針で会社グループ内でしか売買はしないという事になったそうです。
当薬局としては、残念としかいうことができません。また、フランチャイズに買収されていく薬局を横目に、当薬局の先行き不安を感じています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. kanna9 2017/09/27 9:39

    当薬局は個人の薬局なのでフランチャイズの事はわかりません。
    しかし、M&Aの話は来ますよ。買いますよという話と、買いませんかという話です。
    フランチャイズの最大のメリットは、薬の仕入れ価格を安く抑えられること、薬局内在庫を支店間で上手く融通できることだと考えます。
    ジェネリックの登場により、薬局在庫はどんどんと膨れ上がっています。それを上手く回せると、薬局の経営的にも随分楽になるはずです。

  2. aisuke 2017/09/27 21:12

    薬局の経営での悩みは、とにかく薬の在庫と仕入れです。いかに不動在庫を減らすか、いかに仕入れ価格を下げるかという事です。
    それ以外の人件費や家賃などの固定費を削ることはできません。
    削る、削減できるところは、仕入れと在庫以外にはないのです。
    そうであれば、もうこれ以上無理と思った時点でフランチャイズに入ることも手段の一つとなりますし、薬以外の事業展開を考えなくてはならなくなります。
    とにかく薬局にとってこれからは、厳しい時代であることは間違いありません。

  3. raizin4 2017/09/28 6:19

    薬の仕入れ価格も昔のようにはいかなくなりました。昔は薬価差益がほとんどの薬に存在しました。しかし、今ではほとんどの薬に薬価差益はない、という事です。
    薬局だけでなく、メーカーも問屋も、皆同じような苦境に立たされていると言えるのでしょう。

  4. hirohito_24 2017/09/28 16:42

    薬価差益ですか、懐かしく感じますね。昔はこれがあって当たり前でした。
    今では、消費税を入れれば薬価と変わらないくらいの金額です。
    薬局が儲けられるところは、処方箋からのみという事に。しかも、1枚の処方箋からもらえる指導料などは削られる方向で、診療報酬の改定の度にマイナス改正となっています。
    収入は減る一方です。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ