• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

在宅訪問している薬剤師です。高齢者の保健証こそ簡素化すべきと思います!

在宅訪問の患者さんが介護保険証を取得している方であれば、必ず介護保険証の提示をしてもらい確認をすることが仕事として必須となっています。

介護保険証の負担割合は、昔は全員1割と決まっていましたが、今は収入によって1割と2割の方がいらっしゃいます。保険証も介護保険証と介護保険負担割証と合計2枚持っているのが普通です。
それプラス、医療保険証もありますので、合計最低3枚の保険証を持っています。

高齢になると何が何だかわからない患者さんも多く、保険証を紛失してしまったり、負担割合の違いに混乱している患者さんも多く見受けられます。
高齢者の保健証こそ、もっと簡素化して欲しいと感じています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. yuma4 2017/10/08 13:29

    後期高齢者証は大抵1枚です。負担割合と番号が記載されています。
    介護保険証は番号と介護度、有効期限が記載されています。負担割合は記載されていません。
    介護保険負担割証は番号と負担割合が記載されています。
    少なくとも介護保険証は1枚にすることができそうですよね。自治体に、もう少し頑張って欲しいと感じますね。
    上記、3点が誰しもが持つ保険です。これ以外に公費があれば公費保険証があります、収入により上限が決まっている人は、その保険証もあるはずです。
    とにかく高齢で収入が低ければ低い人ほど保険証を多種類持っている傾向にあります。

  2. atomu_38 2017/10/09 23:09

    最近保険証の忘れ物はありませんか、と患者さんから電話が入ることが増えています。最後に保険証を使ったのがお宅の薬局なんだけど、と話されます。
    当薬局では久しぶりに来局される患者さんや以前の来局時から保険が変更になった患者さんに対しては、保険証を実際お借りして番号を確認させてもらっています。
    ですので、患者さんが保険証を使ったと話されても間違いではありません。
    しかし、返した・返してないという事がないよう、その場ですぐにお返しをし鞄やお財布にしまうようにしてもらっています。
    特に高齢者の場合は、忘れっぽいですからきちんとしまうのを見届けるようにしています。

  3. naotosi-56 2017/10/10 13:35

    高齢者の保険が複雑というのはおかしいですよね。高齢者こそ、簡素化すべきというのは正解です。
    たとえ複雑だとしてもそれを1枚に全てをまとめる、などもう少し工夫があってもいいはずです。
    利用者の事を考えない自治体の配慮の無さ、自治体の怠惰だと感じます。

  4. huyuhito_58 2017/10/10 21:14

    お薬手帳に保険証を数枚はさんでいる患者さんもいます。これは紛失の原因になるでしょう、と思いますが言えません。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ