• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

痴呆の患者さんが増え、対応に苦慮しています

内科門前の薬剤師です。患者さんの高齢化に伴い痴呆の患者さんも増えています。
その患者さんの対応に時間がかかり困ることが多々あるのです。

まず今クリニックで受け取ったという処方箋が見つからない、どこにしまったのかしら、とかばんをひっくり返して探すところから始まります。
やっと処方箋が出て来て調剤、投薬、会計になると、今度はお財布が見つかりません。お財布がない、だれかに取られたかしら、落としたかしら、どこかに忘れて来たかしら、から始まり、最終的にはかばんから出てくるという始末。
その後、支払を済ませ帰ったと思ったら、今度電話で薬がない、薬局に忘れて来たのではないか、と話されます。

薬はお渡ししてるし、それ以後の事は薬局ではわかりません、としかいう事ができません。
大変な手間と労力がかかります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

質問に回答するにはログインしてください。

回答

4件の回答

  1. yukine_omitama 2017/10/23 5:58

    高齢で少し痴呆が出てきている患者さんに、あなた痴呆ですよ、とは言えません。とことん付き合うしかないのです。
    この痴呆がもっと進み、ご家族が気づきクリニックや薬局にご家族が同伴されるようになると助かるのですが、そこまでになるには、痴呆もかなり進んでいる状態です。
    痴呆とわかっていても、ご家族によってはクリニックや薬局に丸投げされる方もいらっしゃいます。
    とにかくこのような痴呆の患者さんを相手にする職業です。できるだけ寄り添う事で、何とか解決するしかありません。

  2. sarina9 2017/10/24 10:50

    高齢で痴呆がある、お薬の服用も怪しいという状態の患者さんに、あまり手を貸すのも問題が生じます。プライドを傷つけられたと感じるからです。出来るだけ、やんわりと優しく接する、それだけです。
    それ以外は医師やご家族に任せるしかありません。

  3. wahei8 2017/10/24 16:39

    高齢者は平日の空いている時間に来て!と言いたいですね。

    土曜日の午前中や金曜日の夕方など、忙しい時間に来て、あれがない、これがない、と言われても手伝うことができません。こちらもイライラしてしまいます。出来るだけ薬局が暇な時間に来て欲しいと考えます。

    かと言って曜日の感覚が、この高齢者にあるのかというと疑問ですが。

  4. tosimitu2 2017/10/25 15:26

    痴呆も日によって、良い時と悪い時があるようです。はっきりシャキッとしている時もあれば、髪はボサボサ、服装もだらしない、表情もおぼつかないというときもあります。
    いつもいつも悪い状態ではなく、良かったり悪かったりを繰り返して、徐々に悪くなっていくのでしょう。それが故に対応は難しく、気を遣います。時にこちらも患者さんも訳が分からなくなるのです。

他の質問を検索する

薬剤師の転職先情報をリアルタイム&無料で入手!大手サイトの利用は1分で完了する初回登録から!

リクナビ薬剤師


人材業界大手リのクルート系列のサイトが安定の人気!求人件数が業界最多級という点に加え紹介実績の数も優位性あり!全て無料で利用・・・続きを読む

m3.com Pharmacist


医療系人材メディア運営で有名なエムスリーキャリアが提供する薬剤師転職サイト。東証一部上場企業グループゆえのサービス規模・安心感には定評があり・・・続きを読む

マイナビ薬剤師


厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービス。マイナビゆえのコネクションを生かして紹介先を開拓。「完全土日休み」「年収750万円以上」など・・・続きを読む

お仕事ラボ

 
お仕事ラボは大手調剤薬局グループが運営する薬剤師転職サイトで安心度が高い!お祝い金などのお得なキャンペーンも随時提供しており・・・続きを読む

ファルマスタッフ


東証一部上場、日本調剤グループ提供の薬剤師転職サイト!独自の紹介先開拓経路でオリジナルな求人が多数・・・続きを読む

一覧ページ

評価の高い記事

一覧ページ